廃車手続きの方法は?手順・必要書類について徹底解説!

 
廃車手続きについて、ご存知でしょうか? いざ自分で廃車手続きをしようとすると、どこで行うか、どのような手続きがあり、必要な書類は何かなど迷うことが出てくるでしょう。今回は車の廃車手続きについて、必要書類等も触れつつ徹底解説していきます。

廃車手続きの方法

まず知識として知っておいて欲しいのは廃車手続きを行う手段についてですが、大きく3つの方法があります。状態が良ければ「買取業者」に、自分で手続きが面倒であれば「ディーラー」にとタイミングによって様々なケースがあるかと思います。

買取業者の引取り

現在、インターネットを通して買取業者をまとめたオークション形式による入札と落札を行う業者サイトが存在します。この方法では、使用できない車でも査定価格を提示し買い取ってもらえる場合もあります。また、事故車で車を移動できない場合でも、引き取りに来てくれるためこの方法が一番手っ取り早い方法とされています。

廃車 手続き

画像出典:flickr

ディーラーにお願いしてみる

ディーラー等でも廃車手続きを行うことが出来ます。しかしながら、ディーラーにお願いする場合は数万円の廃車代金を請求される場合があります。車の買い替えの際は無料で依頼できることもありますが、事故車、故障車など走行不可能かつレッカー車で移動しなければいけない場合は、レッカー代なども発生してしまうこともありますので、この方法は馴染みの店舗であるなど特別に手配してくれる環境が整っていないと実施は難しいかもしれません。

廃車 手続き

画像出典:flickr

廃車手続きを個人で行う

業者に頼まずに自分で廃車手続きをしたい方は、解体屋さんに直接解体作業を行う方法もあります。この場合は手続き費用として一万円前後の費用が掛かりますが、廃車手続きを手間と感じない方であれば最もスムーズな手かもしれません。

廃車 手続き

画像出典:photo-ac

廃車手続きに必要な書類

廃車手続きをする際は、いくつかの書類が必要となってきます。永久に乗らない解体してしまうのか、それとも今後売買として再利用するのかなどによっても書類は異なってきますので、覚えておくと良いでしょう。

永久抹消登録の場合

永久抹消登録は、解体を済ませている場合(災害による場合も含む)に行う手続きのことです。

所有者の印鑑証明書・印鑑証明書と同じ実印 廃車の際は、車検証に記載されている所有者の実印。
※ローン会社や車の販売会社が所有者となる際は所有権解除が必要となります。
車検証 車に常備されている車検証ですが、紛失されている場合は必ず再発行をしましょう。
ナンバープレート(前後2枚) 廃車の際はナンバープレートが必要となります。紛失された場合は、理由書を記入しなければいけません。
移動報告番号及び解体通知日が記載された書類 解体が終わった際に業者から報告されますが、その際にもらう書類も必要となります。
リサイクル券 廃車する際は、リサイクル券も必要となります。紛失した場合は再発行又は自動車リサイクルシステムのHP上で「自動車リサイクル料金の預託状況」の確認をしましょう。
自賠責保険証明書 車検の残存期間が1ヵ月以上残っている場合は、自動車重量税額が返金されます。
マイナンバー マイナンバーも廃車手続きには必要となります。個人番号カード又は通知カードのコピーを用意しましょう。

陸運支局で購入しなければいけない書類(永久抹消登録)

手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書の3点も必要となります。

一時抹消登録の場合

一時抹消登録は、一時的に使用を中止する場合(盗難による場合も含む)に行う手続きです。

所有者の印鑑証明書・印鑑証明書と同じ実印 廃車の際は、車検証に記載されている所有者のものでなければいけません。
※ローン会社や車の販売会社が所有者となる際は所有権解除が必要となります。
車検証 車に常備されている車検証ですが、紛失されている場合は必ず再発行をしましょう。
ナンバープレート(前後2枚) 廃車の際はナンバープレートが必要となります。紛失された場合は、理由書を記入しなければいけません。

陸運支局で購入しなければいけない書類(一時抹消登録)

手数料納付書、一時抹消登録申請書の2点が必要となります。

解体抹消する場合

一時抹消登録した後、二度と乗らなくなってしまった際に必要な手続きです。

一時抹消登録証明書 一時抹消登録手続き完了後に発行される証明書
移動報告番号と解体通知日の書かれた書類 解体が終わった際に業者から報告されますが、その際にもらう書類も必要となります。
リサイクル券 廃車する際は、リサイクル券も必要となります。紛失した場合は再発行又は自動車リサイクルシステムのHP上で「自動車リサイクル料金の預託状況」の確認をしましょう。
自賠責保険証明書 車検の残存期間が1ヵ月以上残っている場合は、自動車重量税額が返金されます。

陸運支局で購入するもの(解体抹消)

手数料納付書、解体申請書、自動車税・自動車取得税申告書の3点も必要となります。

クチコミ情報

まとめ

今回は廃車手続きについて整理をしましたが、廃車を考えている際はもちろんのこと、盗難や災害など想定外な理由によって廃車手続きを行わなければならなくなってしまった場合にも廃車手続きは早めに手続きを行うようにしましょう。完了するまでは自動車税の納付書が毎年送られてきてしまうので、注意が必要です。

廃車前に一度「CARNNYマーケット」で車両診断を

もう売れないかも…なんて車も売れることがあります!また、リアルタイムの相場情報を確認できるので、車を売る際は参考にしてみるといいでしょう。他にも車種やグレードなど、不明な場合は担当者とチャットですぐに相談できるので安心、そして便利です。

CARNNYマーケット

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする