アウディ 新型「RS7 スポーツバック」のプロトタイプをキャッチ!初のPHEVを導入か

 
アウディの新型「A7 スポーツバック」が2018年にいよいよ販売へ!エレガントな外観はもちろん、安全性と走行性も申し分のない一台ですが、実は高性能モデルとなる「RS7スポーツバック」も現在開発中!「A7 スポーツバック」の最新情報をお届けします。

ニュース

新型「RS7 スポーツバック」のプロトタイプがテスト走行を開始

2018年1月10日

2018年前半に販売を開始する新型「A7 スポーツバック」。今回は、その高性能モデルとなる「RS7 スポーツバック」のプロトタイプをカメラが捉えました。

寒冷地にてテスト走行を行なっている新型「RS7 スポーツバック」は、RSモデルとして初のPHEV(プラグインハイブリッド)が導入されると噂されている高性能モデルです。パワートレインにおいては、4リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力650psに達し、PHEVモデルはポルシェ「パナメーラターボSEハイブリッド」から流用されるシステムを搭載し最高出力720psを発揮するとのことです。また、「ユキビタス MQB」プラットフォームを採用し、ベースモデルよりも軽量化が図られるそうです。

プロトタイプのエクステリアを伺ってみると、ホイールアーチエクステンションが前後のフェンダーに採用されている他、イエロー仕立ての大型ブレーキキャリパー、大径ツインエキゾーストパイプが装着されていることが確認できます。まさに、高級感とスポーティーさの両面を取り入れることになる「RS7 スポーツバック」ですが、最終的にどんな仕様となるのか楽しみなところです。具体的な発売予定はわかっていませんが、2018年中に発売される予定です。

アウディRS7スポーツバック

画像/記事出典:motor1

 

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする