フォルクスワーゲン 「ポロ」新グレード“ポロ ビーツ”を設定|スペックや販売時期を予想

 
世界カーオブザイヤーを獲得したこともあるフォルクスワーゲン「ポロ」。先日新型が公開され、高性能モデル「ポロ GTI」も発表されましたが、今回サウンドを強化した「ポロ ビーツ」の設定が明らかになっています。発売が待たれる新型の最新情報をお届けします。

ニュース

フォルクスワーゲン新型「ポロ」に新グレード「ポロ ビーツ」設定

2017年6月19日

6月16日にモデルチェンジが発表されたフォルクスワーゲン「ポロ」。 先日、高性能モデル「ポロ GTI」の設定をお伝えしましたが、新たに「ポロ ビーツ」を設定してバリーションが拡大されることが明らかになりました。

ポロ ビーツ

画像出典:diariomotor

Beatsとコラボしてサウンドを強化

新設定される「ポロビーツ」は、アップルの子会社ビーツ(Beats)のオーディオシステムを搭載してサウンド面などを強化した特別モデル。エクステリアはボンネットにラインが入れられ、16インチのアロイホイールやブラックのドアミアーなどで装飾されます。なお、このホワイトとレッドのカラーリングはビーツのヘッドフォンでも以前限定カラーとして登場した配色です。インテリアにおいては300Wの高出力アンプを搭載するほか、ビロートレッドにカラーリングされたダッシュボードやシート、ドアに刻印されたBeatsロゴが特別感を演出。オーディオシステムに関しては他グレードでもオプションでの装備が可能となっています。

ポロ ビーツ

画像出典:diariomotor

多彩なバリエーションを揃える新型「ポロ」

また、新型「ポロ」は今回の「ポロ ビーツ」や先日紹介した「GTI」に加え「トレンドライン」、「コンフォートライン」、「ハイライン」など多彩なグレードをラインナップしており、3タイプのパッケージオプションと合わせて豊富な選択肢の中から好みの1台を選ぶことが可能です。
新型「ポロ」は、2017年内にヨーロッパでの発売を予定。日本では来年以降の発売になるとみられています。

記事出典:diariomotor

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする