【マツダ】「アテンザ」マイナーチェンジ!新たな鼓動デザインを示す一台に

 
世界でも人気を誇るマツダ「アテンザ」。4ドアセダンとワゴンモデルをラインナップする一台ですが、2020年には直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載した次期モデルが登場予定です!そんな中、現行「アテンザ」も内外装デザインを一新するなど、大幅な改良が施されました。気になる新型「アテンザ」の最新情報をお届けします。

ニュース

「アテンザ」マイナーチェンジ!新たな鼓動デザインを示す一台に

2018年5月25日

国内外で人気を維持しているマツダ「アテンザ セダン/ワゴン」ですが、今回は内外装のデザインや機能性を大幅に変更した改良モデルが発表されました。

大幅な改良を施したフラッグシップモデル「アテンザ」は、開発キーワードである”走る歓び”をより最新かつ最良に仕立てあげることに成功。エクステリアでは、フィン形状のフロントグリルを立体感あるメッシュ形状へと変更する他、シャープかつワイドなLEDヘッドライトを採用したことでより引き締まった顔つきへと進化しています。

また、ボディカラーは”ソウルレッドプレミアムメタリック”から”ソウルレッドクリスタルメタリック”に変更されており、一際目立つ鮮やかなカラーリングであることを改めて証明。全体的にコンセプトモデル「ビジョン クーペ(VISION COUPE)」のような新たな鼓動デザインが施された形です。

マツダ アテンザ マイナーチェンジ

画像出典:mazda

世界初の新素材も導入!

インテリアでは、インストルメントパネルやドアトリムのスタイリングを変更。フロントシートには初となるシートベンチレーション機能を搭載するなど、エレガントな空間に快適性を加えた形です。上位グレードには世界初の新素材”ウルトラスエード ヌー”を導入。栓(セン)の木を利用した美しい本杢(ホンモク)パネルとナッパレザー仕様のシートは、ドライバーの心を擽ることは間違い無いでしょう。

マツダ アテンザ マイナーチェンジ

画像出典:mazda

3種のエンジン(SKYACTIV-G 2.0/SKYACTIV-G 2.5/SKYACTIV-D 2.2)は従来から変更は無いものの、気筒休止技術(SKYACTIV-G 2.5のみ)や急速多段燃焼技術(SKYACTIV-D 2.2)といった新システムをそれぞれ取り入れたことで、従来よりも走行性能や燃費が向上されています。

販売価格は282万9,600〜419万400円(税込)に設定されていますが、気になる方は一度ディーラーに問い合わせて見るといいでしょう。なお、6月21日に販売を予定しています。

画像出典:youtube
記事出典:mazda

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする