【ホンダ】新型「シビック ハッチバック」欧州モデルに高性能ディーゼルエンジンを追加

 
ホンダが世界にその名前を轟かせたグローバル戦略モデル「シビック・ハッチバック」。先日、9月29日の発売が決定し、純正アクセサリーの設定も発表されましたが、今回新たに欧州モデルへの新型ディーゼルエンジンの搭載が発表されました。

概要

ホンダ「シビック ハッチバック」とは?

ホンダ「シビック ハッチバック」は、特に欧州をターゲットに販売されてきました。これまでターゲットを絞って販売していた背景として、特に日本国内ではサイズ感が同じ「FIT」という人気モデルがあったことが一因と言われています。しかし一部の希望の声もあり、2017年9月のモデル復活と同時に「シビック ハッチバック」の日本導入が開始しました。現行モデルは10代目にあたり、現在販売中です。

ホンダ・シビック

画像出典:honda

スペック

ホンダ「シビック ハッチバック」のスペック

エンジン L15C 水冷直列4気筒エンジン
総排気量 1496cc
最高出力 134kW(182PS) / 5500rpm
最大トルク 240Nm(24.5kgfm) / 1900~5000rpm
出典:honda

ライバル車:フォルクスワーゲン「ゴルフ TSI トレンドライン」

エンジン 1.2L 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
総排気量 1197cc
最高出力 77kW(105PS) / 4500~5500rpm
最大トルク 175Nm(17.8kgm) / 1400~4000rpm
出典:volkswagen

燃費性能

ホンダ「シビック ハッチバック」の燃費性能

燃費性能(JCO08モード) 17.4km/L
出典:honda

ライバル車:フォルクスワーゲン「ゴルフ TSI トレンドライン」

燃費性能(JCO08モード) 19.1km/L
出典:volkswagen
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする