ホンダ新型「シビック ハッチバック」欧州モデルに高性能ディーゼルエンジンを追加

 
ホンダが世界にその名前を轟かせたグローバル戦略モデル「シビック・ハッチバック」。先日、9月29日の発売が決定し、純正アクセサリーの設定も発表されましたが、今回新たに欧州モデルへの新型ディーゼルエンジンの搭載が発表されました。

ホンダ新型「シビック ハッチバック」には2テーマの純正アクセサリーを用意

2017年7月28日

ついに正式に発表されたホンダ「シビック」シリーズ。特にハッチバックとセダンは7年ぶりの復活ということで心待ちにされていたかたも多いのではないでしょうか。

発売は9月29日ということでもう少し先ですが、ホンダは合わせて純正アクセサリーのラインナップを発表しています。この純正アクセサリーはボディタイプに応じてそれぞれ別のものが用意され、予約の段階で1番人気となってるシビック「ハッチバック」には「エキサイトスポーティ」「プレミアムスポーティ」2つのテーマを表現したアイテムが提供されます。

シビックハッチバック
▲ホンダ新型「シビック ハッチバック」。現状予約の半数を占める1番人気のボディタイプとなっています。

画像出典:honda

個性を演出する「エキサイトスポーティ」

まず「エキサイトスポーティ」では「フロントグリルガーニッシュ」や「ドアミラーカバー」「テールゲートガーニッシュ」「アルミホイール」など各パーツに鮮やかなオレンジを配色。アクセント際立つ配色で個性を強調したスタイリングとなっています。またこのオレンジのアクセントはインテリアパネルやシートカバーにも追加してトータルコーディネートすることが可能となっており、さらにイルミネーションを組み合わせることで車内をスポーティかつリッチな雰囲気に仕上げることもできます。

シビックハッチバック
▲オレンジのアクセントを随所に配した個性的なスタイリング。インテリアとの配色統一も可能。

画像出典:honda

大人の落ち着きを表現「プレミアムスポーティ」

一方の「プレミアムスポーティ」は上質な雰囲気のスタイリング。クロームメッキのパーツで大人の落ち着きを演出しながらもスポーティな雰囲気を垣間見せ、見るものの心をピンポイントに刺激するスタイルとなっています。インテリアの仕様は「エキサイトスポーティ」と共通。そのためオレンジを配することもできますが、統一感を重視するならイルミネーションの追加に止めるのがベストです。

シビックハッチバック
▲クロームメッキでスポーティかつ落ち着きのあるスタイリングを実現。

画像出典:honda

ファン待望の発売となった「シビック」はアクセサリーも充実させ復活に華を添えます。

新型「シビック」の専用サイトがオープン!「ハッチバック」にはCVTを設定

2017年6月26日

今夏発表予定の新型「シビック」の専用サイトがオープン。スペックや、ボディカラーのバリエーションなどを公開し、日本仕様車の簡易的な主要諸元や性能が確認できるほか、イベント情報や実際に試乗した方の感想などが掲載されています。

「シビック ハッチバック」には唯一CVTを設定

走りを楽しむ車なだけあり、トランスミッションはMTが基本となりますが、「シビック ハッチバック」にはCVTもラインナップ。ショックの少ない滑らかな加速が実現されており、試乗した方からも「非常に滑らか」という声が多数上がっています。

シビック
▲「シビック ハッチバック」

シビック
▲試乗会ではその加速の滑らかさに驚く人が続出

画像出典:honda

豊富なカラーがラインアップ

スペックや走行性能に注目が集まるとことですが、今回の新型はボディカラーのラインナップも見逃せないポイント。「タイプR」が4色、「ハッチバック」と「セダン」が5色という設定ですが、共通の色に加えそれぞれ微妙に異なった色を展開しています。「タイプR」に設定されているのはチャンピオンシップホワイトですが、「セダン」と「ハッチバック」は同じホワイトでもホワイトオーキッド・パールを採用しているのが特徴です。レッド系のカラーリングにおいても他の2モデルに対してセダンはより光沢の強いプレミアムクリスタルレッド・メタリックを採用するなど、ボディタイプやスペックだけでなく、ボディカラーにも個性を演出する工夫が施されています。なお、販売価格は未発表となっています。

シビック
▲プレミアムクリスタルレッド・メタリックは「セダン」の専用カラー

画像出典:honda

「シビック ハッチバック」詳細

エンジン 1.5L 直噴VTEC TURBOエンジン
最高出力 182ps
最大トルク 240Nm(6MT)/220Nm(CVT)
トランスミッション 6MT/CVT
カラーラインナップ ・ホワイトオーキッド・パール
・クリスタルブラック・パール
・フレームレッド
・ブリリアントスポーティブルー
・ルナシルバー・メタリック

※「シビック セダン」「シビック タイプR」のスペックが気になる方は専用サイトをご覧ください。

記事出典:honda

新型「シビック ハッチバック」に限定モデル「オレンジ・エディション」が登場!

2017年5月23日

まもなく日本でも導入される新型「シビック ハッチバック」ですが、オーストラリアでは一足早く限定モデル「オレンジ・エディション」を100台限定で販売することを発表しました。

この限定モデルは新型「シビック ハッチバック」の販売を記念して製造され、ボディカラーにブラックを採用。フロントスプリッターやドアミラー、サイドスカート、リアディフューザーにはオレンジを組み合わせることで、標準モデルにはない個性的な一台へと仕上がっています。また、ブラック仕上げの17インチアルミホイールもカッコ良さを際立てます。
100台限定で生産される「オレンジ・エディション」が日本上陸するかは不明なところですが、欧州ではブラックとオレンジのカラーリングを好む傾向があるため、このモデルも人気が出ることは間違いなさそうです。

シビック ハッチバック オレンジエディション

記事/画像出典:carscoops

新型「シビック」今年の夏にいよいよ日本導入へ

2017年1月16日

ホンダは、東京オートサロン2017において10代目となる新型「シビック」シリーズを公開すると同時に、今年の夏に日本導入することを発表しました。

今回登場した新型「シビック」シリーズは、日本仕様のプロトタイプとなり「ハッチバック」、「セダン」、「タイプR」の3モデルが公開。同シリーズはアメリカを中心に世界で展開してきたホンダの主力モデルであり、これまで日本では「タイプR」のみが限定モデルとして販売されてきましたが、全てのモデルが再び導入されるのは2011年の販売終了からおよそ6年ぶりになります。
また、日本仕様の「ハッチバック」と「セダン」モデルは、1.5リッター直噴VTECターボエンジンが搭載されるとのこと。遂に日本での復活を遂げることになった新型「シビック」シリーズですが、今後も注目を集めることは間違いなさそうです。具体的な販売時期や販売価格は公表されていませんが、情報が入り次第随時お伝えします。

ホンダ シビック 東京オートサロン

画像出典:carscoops

東京オートサロンでの様子

画像出典:youtube
記事出典:honda

「シビック ハッチバック」アメリカの販売価格が正式発表

2016年10月23日

9月に開催されたパリモーターショーでワールッドプレミアを行ったホンダ新型「シビック ハッチバック」についてアメリカでも生産が開始され、アメリカンホンダ(ホンダアメリカ法人)はその販売価格も発表しました。

シビックハッチバック

画像出典:autoexpress.co.uk

新型「シビックハッチバック」の販売価格は以下の通り。

シビック・ハッチバック(LXグレード) 19700ドル(約210万円)

なお、米国で販売されるモデルは、1.5L直列4気筒VTECターボエンジンのみの展開になるとのこと。
日本上陸がどのタイミングになるのか、販売価格がいくらに設定されるのかは現在明らかになっていませんが、そうい遠くないことは明らかです。

シビック・ハッチバックレビュー動画

ホンダ新型「シビック ハッチバック」の生産過程を収めた動画が公開

2016年9月23日

まもなくパリ・モーターショーにて披露されるホンダの新型「シビック ハッチバック」。量産仕様モデルの生産過程の様子を捉えた動画が公開されました。

10代目となる新型「シビック ハッチバック」は、これまでと同じようにイギリスのスウィンドン工場にて生産されるとのことですが、動画を伺うとエンジニアの手により丁寧に製造されていることがわかります。まさにカッコ良さが増した新型「シビック ハッチバック」ですが、何度見ても釘付けになるモデルだけにパリ・モーターショーでの登場が楽しみなところです。

画像出典:youtube
記事出典:carscoops

北米向け「シビック ハッチバック」の量産仕様の姿をスクープか!?

2016年9月16日

パリ・モーターショーでの披露が予定されているシビック「ハッチバック」ですが、今度は北米向けの仕様と思われる姿がキャッチされました。
ナンバーなどもまだないことからテスト車両かと思われます。9月28日からのパリモーターショーでの欧州仕様の前に出てきたスクープ写真ですが、北米仕様は11月のロサンゼルスモーターショーで正式披露されると見られています。

ホンダ シビック・ハッチバック 北米仕様

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント