トヨタ 次期「クラウン」と思われるプロトタイプの姿をドイツで目撃!

 
トヨタの歴史を語る上で欠かせない一台である「クラウン アスリート」は、現行モデルで15代目。そんなトヨタを象徴する一台が、次期モデルを開発中!今回はドイツでのテスト走行の模様がキャッチされています。一体、どんな内容となるか最新情報をお届けします。

ニュース

次期「クラウン」と思われるプロトタイプの姿をドイツで目撃!

2017年7月3日

次期「クラウン」を開発中のトヨタですが、今回はニュルブルクリンク北コースにてそのプロトタイプが姿を現しました。

国内専売車としては珍しくニュルブルクリンク北コースに登場した次期「クラウン」のプロトタイプ。一部メディアではこのプロトタイプがレクサス「GS」の次期モデルではないか?と噂されていますが、画像を伺う限りレクサスならではのスピンドグリルが採用されておらず、扇型のグリルスタイルが取り入れていることからその可能性は低いと思われます。また、最新のプラットフォーム「TNGA」を採用することになる次期モデルは、リアウィンドウの傾斜角度が強くなり、クーペのような滑らかさを持ち合わせたボディラインが特徴的。気になるパワートレインに関しては、2リッター直列4気筒ターボエンジン(最高出力185ps)に加え、2.5リッター直列4気筒エンジンと電気モーターの組みわせるハイブリッドモデル(最高出力145ps)が用意されるとのことです。今年の東京モーターショーにて初披露されることが予定されている次期「クラウン」ですが、名だたる名車たちが走るニュルブルクリンク北コースでもテスト走行するだけもあり、走りにこだわった内容になることは間違いないでしょう。

トヨタ クラウン

画像/記事出典:auto

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする