【トヨタ】「プリウス」が2018年12月にマイナーチェンジ!”プリウスPHV”似のデザインへ

 
トヨタ「プリウス」は、1997年に登場してから最も燃費の良いハイブリッドカーとして世界中で人気のモデルです。そんな「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジするとの情報をキャッチ!新型モデルでは"プリウスPHV"に寄せたデザインが施される模様です。エンジンや足回りにも大幅な改良が行われる新型「プリウス」の最新情報をお伝えします。

ニュース

「プリウス」が2018年12月にマイナーチェンジ!”プリウスPHV”似のデザインへ

2018年4月17日

トヨタの人気ハイブリッドモデル「プリウス」が、2018年12月にマイナーチェンジするとの情報が入ってきました。

現行モデルがの4代目が販売されてからおよそ3年。今回のマイナーチェンジではデザインに大幅なテコ入れが行われ、「プリウスPHV」に似た顔つきになることが予想されています。具体的には、フロントバンパー両側のガーニッシュ部分がよりスタイリッシュになる他、縦長のテールライトはC型のスッキリとしたラインになる模様。気になるヘッドライトについては、同モデルとの差別化を図るために片側4眼のLED(アダプティブヘッドライト付き)が装備されず、デザインのみ「プリウスPHV」になるとも言われています。

また、エンジンは新型「カムリ」と同様の1.8リッター直列4気筒エンジンに電気モーターを組み合わせるとのこと。燃費性能は40km/h以上になるそうですが、現行モデルよりも向上されることは間違い無いでしょう(50km/Lとの噂も…)。

新型 プリウス マイナーチェンジ

画像/記事出典:paultan

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする