メルセデス 「AMG A45」次期モデルは2018年秋に公開か?気になるスペック・燃費と価格情報まとめ

 
メルセデス・ベンツ「Aクラス」のコンセプトモデルが先日の上海モーターショーにて初披露されましたが、その要素を取り入れた高性能モデル「AMG A45」が2018年秋に登場するのではないかと噂さています。そんな「Aクラス」の最新情報をお届けします。

ニュース

高性能な「AMG A45」の次期モデルは2018年秋に公開か

2017年6月21日

次期「Aクラス」に設定されることになる高性能モデル「AMG A45」ですが、気になる初公開は2018年秋頃になると噂さています。

◆注目は新たに採用したプラットフォーム

高性能モデル「AMG A45」は、アルミを多用した「MFA2」プラットフォームを新採用。剛性アップと軽量化を実現するほか、ホイールベースを現行モデルから拡大することで後部座席にゆとりあるスペースが生まれるようです。また、スタイリッシュなデザインとなるヘッドライトにはLEDを採用。

◆噂されるスペック

気になるスペックにおいては、3.0リッター直列6気筒エンジンが搭載され最高出力402psを発揮し、0-100km/h加速は3.9秒以下と走りにこだわった内容になるとのことです。その他、自動運転や安全システムが大幅に向上され、PHVモデルもラインナップに追加されることも噂されています。

現在、3代目「Aクラス」が世界で200万台(シリーズ累計)も販売されていることもあり、この次期「AMG A45」が登場されることになれば人気を呼ぶことは間違いないでしょう。

画像出典:youtube
記事出典:benzinsider

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする