メルセデス・ベンツ 次期「Sクラス」の姿を捉えた!2ドアクーペの”SEC”も復活するかも?

 
メルセデス・ベンツが誇る世界最高峰の高級サルーン「Sクラス」。多くのVIPが愛用する「Sクラス」ですが、今回は次期モデルのプロトタイプが姿を現しました。"CLS"を継承するう美しいデザインが施されるようですが、最終的にどんな仕様となるのでしょうか。2020年にデビュー予定の新型「Sクラス」の最新情報をお届けします。

目次

ニュース

次期「Sクラス」のプロトタイプをキャッチ!2ドアクーペの”SEC”も復活するかも?

2018年2月14日

2020年にワールドプレミアを予定している次期「Sクラス」。今回は、そのプロトタイプの姿をカメラにキャッチされています。

分厚いカモフラージュを施して登場した次期「Sクラス」を確認すると、現行モデルから拡大されたフロントグリルを装着する他、低く設定されたヘッドライトにはスタイリッシュなデザインが導入される模様です。また、テールライトには水平基調スタイルを採用しており、”CLS”のようなダイナミックな一台になることが予想されます。パワートレインでは、3リッターV型6気筒エンジンを組み合わせたPHVモデルを始め、EVモデルの導入も検討されているとのこと。

「Sクラス」の派生モデルとして、かつて存在していた2ドアクーペの”SEC”が4ドア仕様となって蘇るとの情報もありますが、これが実現すれば話題になることは間違い無いでしょう。

メルセデスベンツ 新型Sクラス

画像/記事出典:paultan
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする