【ホンダ】新型「アコード」が北米カー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞!

 
日本だけでなく海外でも人気を得ているホンダのセダン「アコード」。2017年に10代目となる新型モデルを販売したばかりですが、今回はその新型「アコード」が北米カー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞しました!安全性と利便性が向上した新型「アコード」の最新情報をお届けします。

目次

ニュース

ホンダ「アコード」が北米カー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞!

2017年1月31日

2017年に販売を開始した新型「アコード」が、北米カー・オブ・ザ・イヤー2018の乗用車部門を受賞しました。

北米カー・オブ・ザ・イヤーは、2017年に販売した新型モデルを対象に、50人以上のジャーナリストによって選出される賞です。新型「アコード」が選ばれた理由として、安全支援システム”ホンダ センシング”を全車に標準装備するなど、安全性と利便性を向上させたことが評価された模様です。
また、トラック部門ではフォード「リンカーン ナビゲーター」、ユーティリティービークル部門ではボルボ「XC60」がそれぞれ選出されています。なお、ホンダは2016年の「シビック」、2017年「リッジライン(トラック部門)」に続く3年連続の受賞という快挙も成し遂げています。

アコード カーオブザイヤー

画像/記事出典:northamericancaroftheyear
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする