車に”乗り続ける”か”買い替えるか”結局お得なのはどっち!?

 
車は"乗り続ける"と"買い替える"どっちがお得? 車を買い替える際には大きな出費が発生するため、ずっと乗り続けた方が得という方もいるかもしれません。今回は車に乗り続けた方が得なのか、買い替えた方が得なのか、買い替えの理想的なタイミングも含め徹底解説します。

乗り続けるか? 買い替えをするか?

買い替え

画像引用:PhotoAC

新しい車が欲しい・買い替えたいという気持ちはどなたでもお持ちですよね。
しかし皆さんもご存知の通り、車を買い替える際には、選ぶ車種にもよりますが大なり小なり出費が発生します。
そのこともあって、「ずっと乗り続けた方がお得」と考える人も多いと思いますが、乗り続けることがお得かというと実はそうでもないのです。参考例をもとに見ていきましょう。

参考例の条件

300万円する新車を4年前に購入した4人家族。平日はほとんど乗らず休日に旅行に出かけることが多く、4年間で距離は5万キロ、無事故の状態です。車検時期が迫ってきていることもあり、買い替えをするべきかそのまま乗り続けるべきかを検討しています。

買い替え派

買い替えを決意

売却(購入額40%の120万円の価値がつく) 

新たな300万円の車を購入(300万円−120万円=実質出費180万円)

2年後、車検(10万円の出費)

4年後売却(購入額40%の120万円の価値がつく)

新たな300万円の車を購入(300万円−120万円=実質出費180万円)

所有台数:3台

出費合計:370万円

乗り続ける派

乗り続けることを決意

車検(10万円の出費)

2年後、次の車検も通す(故障など維持費が重なり、30万円の出費)

8年落ちで、売却(購入額5%の15万円の価値)

新たな300万円の車を購入(300万円−15万円=実質275万円)

所有:2台

出費合計:315万円

買い替え派と乗り続ける派での出費金額のイメージです。出費差が55万円で、買い替え派が1台多く車に乗っています。ただ、乗り続けた場合の車に特に故障等がなかった場合は、およそ75万円になります。
【4年目時点の出費】

買い替え:180万円 乗り続ける:10万円

【6年目時点の出費】

買い替え:10万円 乗り続ける:30万円

【8年目時点の出費】

買い替え:180万円 乗り続ける:275万円

【合計出費】

買い替え:370万円 乗り続ける:315万円

新車を乗り継いでいる買い替え派は、上記の金額差以外にも燃費の良さのおかげで整備コストを少額に抑えられるなど、数字に現れない維持費の削減もできています。その点も考慮すると実際の出費は大差がないかもしれません。

上記のケースは一般的にも多いケースですが、「価値が高い状態で所有の車を売却し、新車を購入する」ということを実行すれば、買い替えによる出費を最小限に押さえることができ、尚且つ新車に乗りたい気持ちを満たすことも可能となります。

豆知識

同じ車をずっと乗り続けることよって、整備や車検費用などの維持費が増えることはご存知かと思います。また、維持費だけではなく税金として納める法定費用についても、13年を超える車を所持していると金額が上がっていくことをご存知でしょうか。

重量税

〜500kg以下 13年未満:8,200円
13年以上:11,400円
18年以上:12,600円
〜1000kg以下 13年未満:16,400円
13年以上:22,800円
18年以上:25,200円
〜1500kg以下 13年未満:24,600円
13年以上:34,200円
18年以上:37,800円
〜2000kg以下 13年未満:32,800円
13年以上:45,600円
18年以上:50,400円
〜2500kg以下 13年未満:41,000円
13年以上:57,000円
18年以上:63,000円
〜3000kg以下 13年未満:49,200円
13年以上:68,400円
18年以上:75,600円

自動車税

1.0リッター以下 13年以下:29,500円
13年以上:33,900円
1.5リッター以下 13年以下:34,500円
13年以上:39,600円
2.0リッター以下 13年以下:39,500円
13年以上:45,400円
2.5リッター以下 13年以下:45,000円
13年以上:51,700円
3.0リッター以下 13年以下:51,000円
13年以上:58,600円
3.5リッター以下 13年以下:58,000円
13年以上:66,700円
4.0リッター以下 13年以下:66,500円
13年以上:76,400円
4.5リッター以下 13年以下:76,500円
13年以上:87,900円
6.0リッター以下 13年以下:88,000円
13年以上:101,200円
6.0リッター超 13年以下:111,000円
13年以上:127,600円

車の価値を保てるベストのタイミングって?

車の価値を保つベストなタイミング

画像出典:stocksnap

では次に、買い替えをするタイミングとして理想的な、車の価値が高い状態で売却できるベストのタイミングを考えていきます。

「10年」「10万キロ」という基準で車の価値イメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
この基準は20年ほど前までであれば、確かに査定基準として正確なものでした。しかし、現在の車は性能も上がっているので中々該当しなくなりました。

年数

車自体の価値が最も左右される数値です。現在新車6年目までが価値があると言われており、それ以上の期間を経過した車であると二束三文で売却しなければならないケースが多くなります。なお、一般的に車を手放すタイミングが多いのは所有5年目であり、その頃より車検費用や維持費などが大きくかかってくるというのが一つの理由となります。
また、高い買取値段で乗り換えたいということであれば、新車2年未満で売却をすることがオススメとなり、車両価格も購入価格の半額など高い評価で売却可能な場合があります。

走行距離

一つの区切りとなるのが、走行距離5万キロといわれています。この基準は中古車を購入する側になれば分かりますが、走行距離47000キロの車と52000キロの車を比べた場合、たった5000キロしか違いがないにも関わらず、4万と5万で差が大きいと感じる方も多いのではないでしょうか?
実際に買取価格としても走行距離5万キロに達しているかどうかによって金額差が大きくなり、賢い買い替えを考えるのであれば、50000キロに達する前に乗り替えるのが望ましいです。

但し、この走行距離については、中古車を購入する際には特に注意が必要です。1年間で1万キロ走行でメンテナンスをしっかりしている車と、1年間で5000キロのみ走行でメンテナンスゼロの車であれば、前者のメンテナンスをしっかりされている車の方が性能を保てるケースもあります。このことを踏まえ、買う際には走行距離は目安値と考え、しっかりその中身を見るようにしましょう。

買い替える車のことをしっかり考える

車を乗り続ける タイミング

画像出典:flickr

ここまでは買い替えを行う際のポイントについてまとめましたが、肝心の買い替える車についても注意が必要です。もちろん、欲しい・カッコイイ車を購入するのが一番ですが、「車を買い替えたい」という気持ちが先行しすぎて、前に乗っていた車の方が良かったなんて後悔があっては本末転倒です。後悔しないためにも、予め以下の点に注意し、正しい車選びを心がけましょう。

車を買い替えたことによって得られるものは?

この車が欲しいという気持ちは一番重要ではありますが、その気持ちは案外長続きしないものです。例えば、「多くの人数を乗せる機会が増えるからこの車」「乗り味をダイレクトに感じたいからこの車」「アウトドアを楽しみたいからこの車」など、車を買い替える前に車選択の本質を見極め、しっかりその意向と合致するか確認してから購入するようにしましょう。

ローン支払いに無理はないか?

最も陥りやすい後悔の一つですが、欲しい車を無理をして購入してしまい、毎月のローン支払いに苦労してしまうパターンです。計画的な車の購入を考えなければ、購入できたとしても、毎月の苦労の結果愛情も半減し、予定より早く手放すなんてことにも。支払い計画はしっかり立てるようにしましょう。

車を買い替えたことで維持費は向上するか?

もう一つ重要な支払いとなるのが維持費です。最も身近なものは「燃費性能」ですが、その他には「車検費用」「故障・整備費用」など維持に必要な費用はたくさんあります。購入前に、評判や口コミなどからできる限り多くの情報を調べ、支出イメージを作っておくようにしましょう。また、最近ではエコカー減税があり、税金が20%から最大で免税になったりする事もあるので、新しく車を購入するときの条件に加えても良いですね。

売却する車のこともしっかり考える

車の買い替えを考える際には、新しく所有する車のことばかり考えるのではなく、売却する車のことも考えておくことで良い買い替えができます。この売却によっては数十万円単位で差が出ることもあり、まずはしっかりした売却を行うことが車の買い替えを行う上では鉄則です。

下取り 【メリット】
ディーラーでの購入を前提としているため、売却〜購入までの手続きが簡単
【売却コスト】
下取り価格はある程度車種・年式によって固定で、多くの場合安い査定になるケースが多い
買取 【メリット】
一括査定サービスなどを利用し売却する買取店を選べるので、交渉次第では高い査定価格での売却となる可能性も
【売却コスト】
取引相場がある程度決まっているので、想定範囲を超える金額は望めない
個人売買 【メリット】
個人間での取引となる為、消費税が発生しない・店舗を介す手数料が発生しないので中古車取引相場と比べ高額
【売却コスト】
手数料が一切発生しない為、比較的に売却者は高く売れ、購入者は安く買うことが可能となっている

乗り続けるか買い替えるかについての口コミ

まとめ

一生同じ車に乗り続けることができればいいですが、現実的には、いつかは車を手放し買い替えを行うはずです。そのタイミングがいつなのか、どのようにしたらいいのかなど、知識さえあれば賢く買い替えを行うことは可能です!
ただ、自分で車のパーツを変えたり、メンテナンスが出来る人に関しては、乗り続けた方がいいかもしれません。自分で整備をして手をかけて乗っていると、自然と愛着もわいてくるでしょう。後悔しないための参考として活用し、有意義な車の買い替えをしましょう!

車の買い替え、中古車売買は「CARNNYマーケット」もオススメ

ほしい車をカンタン検索!車を買いたい人と売りたい人のコミュニケーションの場を提供しています。
不明点があれば、すぐに担当者とチャットで相談できて安心、そして便利です。

CARNNYマーケット

中古車購入に関連するまとめ記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする