ルノー 新型「メガーヌ」遂に日本上陸!11月9日から販売を開始

 
ルノーは、ステーションワゴンの新型「メガーヌ スポーツツアラーGT」を発表!4代目となる新型モデルでは、内外装のデザインを一新するなどスポーティーかつスタイリッシュなデザインが印象的な一台に仕上がっています。新型モデルの最新情報をお届けします。

ニュース

新型「メガーヌ」日本上陸!11月9日から販売を開始

2017年10月5日

ルノー・ジャポンは、ステーションワゴン仕様の新型「メガーヌ スポーツツアラーGT」を11月9日から日本で販売することを発表しました。

4代目となる新型「メガーヌ スポーツツアラーGT」は、内外装のデザインを一新する他、四輪操舵システムや先進安全システムを取り入れるなど、現行モデルから大幅な変更が施されています。エクステリアでは、フロントボンネットに彫刻的なデザインや、ルノーを象徴する”Cシェイプ”フルLEDライトを採用。レース仕様「RS01」と同様のテールランプを装着したことで、よりスポーティーな印象を与える一台に仕上がっています。
インテリアでは、ステアリングホイールにナッパレザー、スポーツシートにアルカンターラ素材を採用。ステアリングスイッチやシフトノブといった部分にサテンクロームのステッチが施したことで、高級感のある空間が演出されています。また、7インチ仕様の液晶式メーターパネルとマルチファンクションタッチスクリーンや、インフォテイメントシステム「R-Link2」を新たに装備するなど、機能面も充実しています。

メガーヌ

ステーションワゴンの幅を広げる一台

新たに設定された四輪操舵システム「4コントロール」では、60km/h以上(スポーツモード時は80km/h以上)で走行する際に、後輪が前輪と同一方向(同位相)に向くため安定感のあるコーナリング走行を可能としています。60km/h以下の場合は、その逆方向(逆位相)となり、駐車やUターン時には小回りがよく効きます。安全面では、車間距離警報やエマージェンシーブレーキサポート、車線逸脱警報、後側方車両検知警報、オートハイ/ロービーム、イージーパーキングアシストといった先進安全システムを装備。
ステーションワゴンの可能性を広げた新型「メガーヌ スポーツツアラーGT」ですが、気になる方は一度試乗してみるといいかもしれません。なお、販売価格は354万円(税込)に設定されています。

メガーヌ

新型「メガーヌ スポーツツアラーGT」のスペック

エンジン 1.6リッターターボエンジン
トランスミッション デュアルクラッチの7段AT
最高出力 205ps
最大トルク 280Nm
画像/記事出典:renault

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする