レクサス「LC」に”モルフォ蝶”をモチーフにした特別モデルが登場!LC最新情報まとめ

 
レクサスのフラッグシップクーぺ「LC」に、国内販売台数50万台を突破した記念モデル「LC ストラクチュラルブルー」が登場!世界で最も美しい蝶とも言われる"モルフォ蝶"の青い羽をモチーフにした幻想的なボディカラーを採用する他、特別装備をふんだんに取り入れた一台となります。レクサス「LC」最新情報をお届けします。

目次

ニュース

レクサス車の国内販売台数が50万台突破!青に染まる記念モデルが登場

2018年4月18日

2005年から日本でも販売され始めたトヨタの高級ブランド”レクサス”。国内販売台数(累計:2018年3月末時点)50万台を記念し、特別モデル「LC ストラクチュラルブルー」の販売を開始しました。

特別モデル「レクサスLC ストラクチュラルブルー」は、南米に生息する”世界で最も美しい蝶”として有名な「モルフォ蝶」の青い羽(正確には無色。光の反射によって青く見える)をモチーフにしたボディカラーが最大の特徴です。この幻想的なカラーを取り入れるため、レクサス独自開発となる「構造発色」という原理を用い、15年という歳月を掛けて完成させたとのこと。

レクサス LC ストラクチュラルブルー

画像出典:lexus

特別な空間を演出

内装には、ボディカラーに合わせて”日の出”の風景をイメージしたブルーモーメントとブリージーブルーの2パターンを用意。その他、カーボンファイバー製の特別スカッフプレートを始め、”マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム、カラーヘッドアップディスプレイといった特別な装備が設定されています。まさに、高級ブランドの記念モデルに相応しい一台となった「レクサスLC ストラクチュラルブルー」ですが、気になる方はディーラーに問い合わせてみるといいでしょう。

ちなみに、この鮮やかな塗料は非常に貴重なものであり、一定量を製造するまで8ヶ月間も掛かるそうです(塗装は1日に2台まで)。

レクサス LC ストラクチュラルブルー

画像出典:lexus

参考動画

画像出典:youtube
記事出典:lexus
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする