ベントレー「コンチネンタルGT」テスト風景が激写される

2018年にお目見えすると予想されているベントレー「コンチネンタルGT コンバーチブル」について、そのテスト風景をキャッチしたとイギリスの自動車メディアAutocarが伝えています。
ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル
より軽量化されたラグジュアリークーペとなるこのモデルは、プラットフォームをポルシェの「パナメーラ」と共有しています。フロントスタイルからは、昨年のジュネーヴモーターショーでお披露目された「EXP10 スピード6 コンセプト」から強く影響を受けているのがうかがえます。
エクステリアでは従来のベントレーモデルからその特徴を多く引き継いでいますが、その表面下では大きな改良がされています。

軽量化された新しいコンチネンタル

ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル
今回キャッチされた「コンチネンタルGT コンバーチブル」は、ベントレーがポルシェと共同開発したMSBと呼ばれるプラットフォームを使用しています。
従来のベントレーモデルから変更が見られるのは、リアとフロントの高さです。現行モデルよりも低くなり、オーバーハングやホイールベースも短くなりました。軽量化され、小回りの効く車になっています。
ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル
ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル
ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル
さらに、軽量化のためスチールをボディに使用していた現行モデルから、使用素材をアルミニウムに変更。ベントレー社CEOのヴォルフガング・デュルハイマー氏によると、新しいコンチネンタルは2トンを下回ることはありませんが、2375kgだった現行モデルよりもかなり軽くなっているそうです。
パワートレインにはベンテイガに搭載される600psのW型12気筒エンジンと、4.0L V型8気筒エンジンを設定。後者のエンジンは、400ps程度の出力値になるのではないかと見込まれています。また、ハイブリッドモデルとして、V型6気筒のプラグイン・ハイブリッドの搭載も予定されています。

新たなコンチネンタルの全貌は

今回のテスト車はほとんど市販モデルに近い形になっていると考えられます。登場は2018年ごろと見られていますが、詳しい販売時期や価格についてはいまだ発表されていません。
軽量化された新たな「コンチネンタルGT コンバーチブル」ですが、ここでスクープされたモデルはクローズドスタイルのままでの走行です。オープンスタイルがどのようになるのかも早く見てみたいですね。
ベントレー コンチネンタルGT コンバーチブル

記事・画像出典:www.autocar.co.uk
Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント