“フルモデルチェンジ”と”マイナーチェンジ”の違いとは?中古車市場への影響はあるのか

 
今さら聞けない”フルモデルチェンジ”と”マイナーチェンジ”の違いをご紹介!各自動車メーカーが新型モデルを発表する際に使用する2つのワードですが、モデルチェンジに関しての違いがわからない。そんな方のために、モデルチェンジと中古車市場について説明します!

フルモデルチェンジ

「フルモデルチェンジ」とは、その名の通り現行モデルから一新することを意味しており、ボディのデザインからスペックまで大規模に変更が施されます。日本でのフルモデルチェンジは、各メーカーとも4年〜6年のサイクルで行われることが多く、商用車に関しては7年〜8年の間でフルモデルチェンジが施されます。また、販売台数の売れ行きや各メーカーの計画によってもモデルチェンジのタイミングは変動してきます。

最新モデルに乗れるということで購入者にも大きなメリットがありますが、新しい性能も搭載されている故に機能面で不具合が起きる可能性も大きいという不安要素もあります。場合によってはリコールを発表されることもあるため、もしフルモデルチェンジ車を購入する際はその点を考慮して購入を検討した方が良さそうです。

フルモデルチェンジした5代目「エブリイ(手前)」

フルモデルチェンジ

画像出典:wikipedia

マイナーチェンジ

「マイナーチェンジ」は、ボディや性能をすべて一新するフルモデルチェンジとは違い、競合メーカーとの競争力を保つ目的でパーツの一部分を改良することを意味します。主に外装ではテールランプやバンパー、フロントグリル、アルミホイール等を変更させることが多く、内装ではステアリングホイールやメーターデザイン、シート素材の変更、カーナビ機能をアップデートすることが多いようです。

また、マイナーチェンジのもう一つの目的として、フルモデルチェンジ時に不安定だった部分をマイナーチェンジで改善、向上させることもあります。

マイナーチェンジした日産「キャラバン(左)」

マイナーチェンジ

画像出典:wikipedia

フェイスリフト

「フェイスリフト」は、その名の通り「美容整形」の意味を持ち、主に車の顔となる外装部分の改良を加えることを指す場合が多いです。つまり、フェイスリフトモデルは現行モデルから顔つきが変わることを意味します。日本においてはあまり聞き慣れない言葉ですが、この表現は主にアメリカを中心とする海外車両のマイナーチェンジの際に使われることが多いです。

フェイスリフトモデルを投入する目的としては、新型モデルを投入する前にフェイスリフトモデルを投入して、市場やユーザーがどんな反応するのか見極める意味もあるようです。また、販売台数や中古車価格の段落ちの役目もあり流通量を増やす工夫としても利用されています。

フェイスリフト前のヒュンダイ「クーペ」

フェイスリフト

画像出典:bimmertoday

フェイスリフト後のヒュンダイ「クーペ」

フェイスリフト

画像出典:bimmertoday

モデルチェンジによる中古車の変化

モデルチェンジをすることによって、中古車市場に大きな影響を与えます。
新型モデルが登場することで必然的に旧モデルの価格が下がるため、安く車を購入したい場合はモデルチェンジされた旧モデルが狙い目となります。またディーラーの場合、モデルチェンジ発表後は旧モデルの在庫を処分したいため、安く売ってでも売り切りたいという思いがあります。そのため、ディーラーとのやり取りでも大幅な値引き交渉もできる可能性が高いため、モデルチェンジが発表される前後での購入がオススメです。

その反対に、車の買取を行う場合はモデルチェンジ前に買い取ってもらうことが望ましいです。ただし、投入された直後の新型モデルよりも旧モデルの方が人気が高くなる場合があり、同時に価格も上がるケースもあります。モデルチェンジが投入される前と後では価格に大きな変化があるため、車の買い替えを考えている方はまめに市場をチェックすることが必要です。

マイナーチェンジ

画像出典:bimmertoday

モデルチェンジに関するユーザーの声

フルモデルチェンジした最新モデルをご紹介

スズキ「スイフト」 ※2017年1月モデルチェンジ

スズキのコンパクトカーの代表的モデル「スイフト」が7年ぶりのモデルチェンジを予定。新型モデルではハイブリッドモデルもラインナップされることが発表されています。

3代目スイフト

画像出典:wikipedia

スズキ「ワゴンR」※2017年2月モデルチェンジ

「スイフト」と並び長きに渡りスズキの販売台数を押し上げ続けている軽自動車「ワゴンR」も6代目となる新モデルを発表。燃費は軽自動車ナンバーワンとなる33.4km/Lを達成しています。

ワゴンR

画像出典:suzuki

マツダ「CX-5」※2017年2月フルモデルチェンジ

世界累計生産数100万台を超えるマツダの大人気SUV「CX-5」。初のフルモデルチェンジでは、ヘッドライトの位置を低く設定するなど、従来よりも引き締まった顔つきへと変化しています。
「匠塗 TAKUMINURI」と呼ばれる塗装技術によって生まれた新たなボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」も、これまでにない光沢と艶を引き出していますが、まさにマツダのこだわりの深さが全面でアピールされています。

マツダ CX-5

画像出典:motor1

日産「リーフ」※2017年9月にフルモデルチェンジ

世界を代表するハッチバックスタイルの電気自動車「リーフ」も初のフルモデルチェンジ。国内初の導入となる自動駐車システム「プロパイロット パーキング」、アクセルペダルのみで発進や停止動作を行うことが可能な「e-Pedal」、自動運転システム「プロパイロット」など、技術の日産が本気を出した一台として話題となっています。

画像出典:youtube

ホンダ「N-BOX」※2017年9月フルモデルチェンジ

日本で一番売れている車種と言っても過言ではないホンダのトールワゴン「N-BOX」。2017年9月にフルモデルチェンジを行った2代目「N-BOX」は、デザイン面で大きな変更はないものの、機能面や快適性が大きく向上されています。特に、軽自動車として初となる先進安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全グレードに標準装備されている点は新型モデル最大の魅力と言えるでしょう。また、販売1ヶ月で5万2000台の受注台数を超え、”日本カーオブザイヤー2017-18″においてスモールモビリティ部門賞を受賞しています。

ホンダ N-BOX

画像出典:honda

日産「マーチ」※2016年にモデルチェンジ!国内販売は2017年中を予定

日産「マーチ」も5代目となるフルモデルチェンジを予定。国内のみならず海外(特にヨーロッパ)では「マイクラ」の名で人気が高い1台だけあって注目が集まります。なお、国内販売は2017年と予想されております。

日産 新型マイクラ

出典:nissan

トヨタ「クラウン」※2018年販売予定

およそ7年ぶりのフルモデルチェンジが行われたトヨタの高級セダン「クラウン」。新型モデルではプラットフォーム「TNGA」を見直し、従来よりも安定感のある走りを実現するとのことです。また、従来よりも多少のサイズアップが図られる他、フロントマスクのデザインが大幅に変更されており、高級セダンながらスポーティーな一面を持ち合わせる一台に仕上がっています。

トヨタ クラウン 新型

その他モデルも、近々モデルチェンジを予定しているモデルは多数

スズキ「ジムニー」

トヨタ「スープラ」

ホンダ「S2000」

スバル「フォレスター」

まとめ

既存のモデルの人気を維持しつつも、新たなユーザーの獲得を狙って各メーカーのタイミングにより施されるモデルチェンジ。新しい機能やスタイルを確立するのもまた難しいとされている中、今後もどのようなモデルチェンジが繰り広げられるのか、各メーカーの今後の動向に期待が寄せられます。

中古車に関する関連記事

中古車の個人売買には「CARNNYマーケット」の利用もオススメ

「CARNNYマーケット」では、車を買いたい人と売りたい人のコミュニケーションの場を提供しています。
不明点があれば、すぐに担当者とチャットで相談できて安心、そして便利です。ほしい車を今すぐ検索してみよう!

CARNNYマーケット

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする