トヨタ FJクルーザー全世界で生産終了を発表

トヨタは、大型SUV「FJクルーザー」について、8月の生産を最後に全世界での生産を終了することを発表しました。
トヨタ FJクルーザー
2006年の販売開始以降人気を博し、アメリカや日本と同じ左側通行のオーストラリアでも販売され、2013年には限定販売の形で韓国市場でも売り出されました。しかし2014年にアメリカ市場での販売を中止、残っていた日本とオーストラリア市場での生産を止め、完全に「FJクルーザー」の販売が終了することとなります。

デザインも優れたSUVオフロードカー

トヨタ FJクルーザー
「FJクルーザー」は、もともと北米のみで展開を予定していましたが、ツートンカラーのポップなデザインに日本でも需要の声が高く、2010年から日本での正規販売がスタートしていました。
北米の悪路をなんなく走り抜けるタフさも魅力で、ユニークな見た目と共に支持されていた車です。
トヨタ FJクルーザー
エンジンにはV型6気筒4.0ℓを搭載。荷室の床も含めて室内には防水加工が施され、グローブを着けたままでも操作しやすいようシフトレバーやドアハンドルなども大きめに作られていました。
トヨタ FJクルーザー
セールス減少に伴い販売を終了することになったとのことですが、日本で販売されるこのような車は少ないだけに残念だと思わざるを得ません。
中古車でも値段があまり下がらないモデルのひとつでしたが、生産終了を受けて、ますます中古「FJクルーザー」の価格高騰化が進みそうですね。

記事・画像出典:toyota.jp

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする