駐車が下手な人は必見! 駐車がうまくなるコツとは一体?

 
”駐車が上手くなるコツ”を徹底解説!運転において”駐車”が苦手という方は多くいるかと思いますが、駐車が上手い人と苦手な人にはある意識の差があることがアンケートによって判明しました。駐車する際はどんな違いがあるのでしょうか。駐車のコツをご紹介します。

アンケートでわかった駐車のコツ

今やバックモニターが搭載され、ペーパードライバーにも優しい時代となりましたが、それでも運転が苦手な人にとってハードルが高い1つである駐車の技術。先日パーク24が会員向けサービスにて実施した「運転テクニック」に関するアンケートの結果を公表していますが、そのアンケートの回答には駐車のコツが隠されていました。

タイムズ

画像出典:flickr

運転下手は「駐車」が嫌い?

約1/3の会員が自身の運転を「上手い」と評価

今回のアンケートの結果では、会員の約1/3が運転が「上手い」と自己評価をしています。下のグラフの通り、特に男性は「自分は運転が得意である」という意識が高いようです。
「クルマの運転は、ご自身で上手いと思いますか?」回答結果

運転が苦手な人は駐車が嫌い

運転が苦手だと答えた方に「苦手な運転技術」について聞いたところ、男女ともに「駐車」が苦手だと感じている人が一番多い結果となりました。また、男女別という観点では、「合流」と「車線変更」を苦手としている女性は男性の倍以上と顕著な結果が現れました。

「苦手な運転技術は何ですか?」回答結果

運転が上手い人と苦手な人の駐車の違い

では運転が「上手い人」は一体どんな点に注意をして駐車しているのでしょうか?

そのポイントがアンケートの結果で浮き彫りになっています。駐車な苦手な方はここから要チェックです。

上手い人は「車室の線」を目印にしている

「駐車場にクルマをとめる際、目印にしているものは何ですか?」回答結果

運転が「上手ではない」人は、運転が「ふつう」又は「上手い」人に比べ、「バックモニター映像」や「隣のクルマ」を頼りにしていることが分かります。
一方運転が「上手い」人の結果ではその2点の比率は若干低く、運転が「上手ではない人」と比べると、「車室の線」、つまり駐車スペースの横の線を目印にして駐車しているという回答がより多い結果となっています。

横を意識する練習を

運転が苦手な人は車の後ろがぶつかってしまったら、という意識が先に働くのに対して、運転が「上手い」人は後ろの心配よりも、車の横への意識が先に働くということなのではないでしょうか?

駐車に苦手意識のある方は今後もバックモニターの力も借りながら、駐車スペースの横の線をまず気にすると、一層スマートな駐車ができると思います。自分は運転が得意だけど、家族が駐車下手で愛車がキズつかないかハラハラする……なんて方は是非このコツを教えてみてください。

駐車場線

画像出典:rouentourisme.com
出典:パーク24

駐車に関するクチコミ情報

駐車のコツ動画

画像出典:youtube

駐車に関連するおすすめ記事

Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント