駐車が上手い人には共通点があった?駐車が上手くなるコツを徹底解説

 
駐車が上手い人にはある共通点があることが分かりました。あなたは当てはまるでしょうか?また駐車がどうしても上達しないという人は、自動運転技術に任せてみても良いかもしれません。今回は駐車が上手い人の共通点や、駐車が上手くなるコツについて徹底解説します。

アンケートでわかった駐車のコツ

今やバックモニターが搭載され、昔に比べればペーパードライバーにも優しい時代と言えるでしょう。しかしそれでも、運転が苦手な人にとっては依然としてハードルの高い「駐車」。そんな中、パーク24が「運転テクニック」に関するアンケート(会員向けサービス)結果を公表しました。そこには駐車の苦手意識を克服する、重要な要素が隠されていました。

タイムズ

画像出典:flickr

運転下手は「駐車」が嫌い?

約1/3の会員が自身の運転を「上手い」と評価

アンケート結果によると、会員の約1/3が自身の運転を「上手い」と自己評価しています。下のグラフの通り、特に男性は「自分は運転が得意である」という意識が高いようです。

駐車が下手

出典:パーク24

運転が苦手な人は駐車が嫌い

運転が苦手だと答えた方に「苦手な運転技術」について聞いたところ、男女ともに「駐車」が苦手だと感じている人が1番多い結果となりました。また男女別でみてみると、「合流」と「車線変更」を苦手としている女性は男性の倍以上と、顕著な結果が現れました。

駐車が下手

出典:パーク24

運転が上手い人と苦手な人の駐車の違い

それでは、運転が「上手い人」は一体どのような点に注意して駐車しているのでしょうか?
そのポイントは、下のアンケート結果で浮き彫りになっています。駐車が苦手な方はここから要チェックです。

運転が上手い人は「車室の線」を目印にしている

駐車が下手

出典:パーク24

運転が「上手くない」と感じている人は、運転が「ふつう」または「上手い」人に比べ、駐車の際には「バックモニター映像」や「隣のクルマ」を頼りにしていることが分かります。
一方運転が「上手い」人の結果では、その2点の比率はやや低めです。そして運転が「上手くない」人と比べると「車室の線」、つまり駐車スペースの横の線を目印にして駐車している、という回答がより多い結果となっています。

横を意識する練習を

運転が「上手くない」人は「車の後ろがぶつかってしまったら…」という危機意識が先に働く一方で、運転が「上手い」人は車体横への意識が先に働く傾向にあるようです。

駐車に苦手意識がある人は、今後バックモニターの力も借りつつ駐車スペースの横の線を注視することで、スマートに駐車できるでしょう。「自分は運転が得意だけど家族が下手だから、車がキズつかないか心配……」という方などは、是非このコツを教えてみてください。

駐車が上手くなるコツ

それでは、駐車が上手くなるコツを動画で確認しましょう!

駐車が上手くなるコツ 動画編

・縦列駐車

出典:youtube

・バック駐車、車庫入れ

出典:youtube

補足

特に縦列駐車の際には、隣の車にぶつかりそうで怖いかもしれません。しかし停める位置を十分に把握するためには、なるべく近づいておくことがポイントです。そして駐車の車線がどこにあるか確認して、ゆっくり焦らずに駐車しましょう。

駐車時のポイント

・止める位置を近づいて確認
・ハンドルはバック中に切らない
・バック駐車の際は、斜め45度で左角・右角から入る
・内側の後輪を、角のエリア内ぎりぎりで通るようにする

駐車も便利な時代に!もう人の手はいらない?

自動運転技術が助けてくれる?

駐車が上手くなるコツを知って動画で確認しても、中には「まだ駐車が上達しない…」と悩む方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方に朗報です。最近、様々な自動車メーカーから自動運転技術を搭載した車が登場しています。斜めに駐車してしまったり、安全確認のため途中で停止してしまったりと誤差もあるようですが、こちらを使えば駐車テクニックは一切必要ありません。どうしても上手くならないという方は、自動運転技術に全てを任せてしまっても良いかもしれません。

日産「リーフ」のプロパイロットパーキングが凄い!

出典:youtube

BMW「7シリーズ」は車外からリモコン操作できる

もはや駐車する行為が面倒…という方にはBMW「7シリーズ」が打って付けです。この「7シリーズ」には、車外でもリモコン一つで自動駐車可能な”リモート・パーキング”が搭載。前後のカメラと12個のセンサーにより、車幅の狭いスペースでも難なく駐車できます(前向き駐車のみ)。

出典:youtube

駐車に関するクチコミ情報

これは便利!ただのスペアタイヤが…

駐車に関連するおすすめ記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする