中古車の”個人売買”で失敗しない注意点とは?覚えておきたいポイントまとめ

 
中古車における"個人売買"の注意点をご紹介!中古車の"個人売買"では、気をつけておきたい注意点があります。お得に中古車を個人売買で購入しても、失敗したら余計に費用がかかってしまうなんてことも。今回は、個人売買の注意点をおさらいしていきます。

失敗しない個人売買のノウハウを学ぼう!

中古車売買 失敗しない方法

画像出典:hpicheck

インターネットネットオークションの普及・消費税の増税により中古車の個人間売買が最近注目集めはじめていますが、仲介業者(中古車販売店)を挟まない個人間でのやり取りを不安に考える人もまだ少なくないはずです。そこで今回は中古車個人売買にてトラブルに巻き込まれないための注意点をいつくかご紹介します。

売る際に気をつけるべきこと

中古車売買 失敗しない方法

画像出典:mirror

車両の状態

車両を販売する上で、車両がどんな状態であるか買い手にとっては非常に心配であるのは当然です。あらゆる点のチェックを行い、正確に掲載をしなければ大きなトラブルにつながります。
もし虚偽の内容を掲載した場合には、詐欺罪として扱われ罪に問われる可能性も大いに考えられます。そのため、正確な情報を必ず購入者に提示することを心がけましょう。
・事故車両であれば必ず情報開示すること
もしも過去に事故を起こしていた場合は、どんな事故でどのくらいの破損したのかも証明しなければいけません。まずは日本自動車査定協会を利用し車の査定を実施することで「車両状態確認証明」という証明書が発行をしましょう。この証明書があれば購入者にも大きな信頼を得ますし、円滑に取引を行うことができます。

・外装と内装の状態をチェック
車の購入者が気になるのは、車の内外装における状態です。売却を考えているのであれば、ボディのキズや凹み、タイヤの溝や車内の汚れなどないか確認しましょう。購入者が欲しい車は様々ですので、たとえ状態が悪いと思う車両でも正直に記載をすることが鉄則です。なお、売却時には予め掃除などは済ませておき万全の状態で購入者に譲渡できるようにすることにより成約しやすくはなります。

・メーター改ざん

走行距離を偽って売ることは犯罪となり完全なルール違反です。個人同士の取引ですので購入者も信頼性が低いのが事実です。車に不備がないかなど事前にディーラー等で点検を済ませ、点検整備記録の書類も提示することで売買に大きく響くでしょう。その点を中古車個人売買WEBサイトでは仲介をし、査定のプロを利用したチェックなども行うことが可能となるので、成約率としては高いサービスとなります。

車の受け取りと支払い方法

売却者で最も注意を払わなければならないのは、「代金の支払い」です。もし、購入者から入金が無く車だけ運輸してしまったなんてケースになってしまった場合には取り返しがつかないことになります。 しっかりと支払い期日・方法など詳細まですり合わせをするようにしましょう。なお、中古車個人売買WEBサービスを介して個人売買を行う場合には、金銭の流れを仲介・担保しているものが多いので、最悪の取りっぱぐれというリスクは無く、安心し利用することが可能です。

名義変更

個人売買で最もトラブル要因になることが多いのは、購入者が行う名義変更です。それもそのはず、日本の名義変更手続きはとにかく手間・時間がかかるので個人間で名義変更を行う場合には十分に注意が必要です。
もし名義変更に手間取ってしまっているなんてケースだと、最悪の場合自動車納税(納付通知書)の書類が自身(売り手側)に届いてしまうこともあり無駄な手間がかかってしまうケースがあります。もし売却が決まった際には、「予備検査」や「一時抹消渡し」の状態を事前に申請しておき、買い手に譲渡するなど対策をするようにしましょう。
なお、この点についても、中古車個人売買WEBサービス利用すれば代行を行ってくれるので、トラブル回避を優先するのであればWEBサービスを利用するのが望ましいです。

個人売買メリット・デメリット

売却に関するユーザーの声

購入する際に気をつけるべきこと

中古車売買 失敗しない方法

画像出典:connectedcar-news

売り手同様に購入する際は、気をつけるべき点がいくつかあります。

事前に車の販売価格を調査する

個人売買で車を購入しようと考えている人は、中古車販売として大体の相場を調べることをおすすめします。個人売買では中間のコストがかからず当然安く中古車を購入できますが、個人間での取引となるため相場がはありません。中には突拍子もない金額となっているということも考えられるので、中古車販売相場を把握し金額が適正であるのかしっかりと調査するようにしましょう。

車両状態のチェック

車の内外装含め車の状態においては積極的に確認をとりましょう。 外装のヘコミやキズはもちろんのこと、エンジンルーム、内装での汚れやキズ、どこか故障している部分はないか等自分の視点だけでなく、売り手に確認をとりチェックすることが望ましいです。また、事故歴やメーター改ざん、走行距離などが記載されている車検書の確認は忘れずにチェックしましょう。

瑕疵(かし)担保責任

買い手として重要になってくるのは瑕疵(かし)担保責任というフレーズです。
車を売買する上で購入後に装備されているものが実際に車になかった場合など実際の内容が異なっていた場合、購入者は損害賠償や修理を求めることができます。これは個人間での売買でも適用をされ、個人の場合には成立してから1年間と法律で定められています。しかし、効力を発揮できるのは、契約書など書類にてきっちり明記をされているケースのみ。個人間での取引にて契約書を作成する人も少ないとは思いますが、もし個人間で取引を行う場合には、しっかりと契約書にて明記をするようにしましょう。なお、中古車個人売買WEBサイトでは、購入者・売却者ともに契約書を締結させるサービスは多いので、リスクは最小限に抑えられます。

中古車売買 失敗しない方法

画像出典:nexusadvice

購入に関するユーザーの声

購入後にすべきこと

車の譲渡が完了してからも購入後はやるべきことがあります。ここで安心してしまいがちですが書面での手続きを忘れないようにしましょう。

駐車場を確保する

購入した車には名義変更をしなければいけませんが、その際に必要とされる書類は車庫証明というものです。これがなければ名義変更はできませんので、購入した後ではなく、事前に駐車場の確保も行いましょう。

自動車保険に加入

個人間で購入をされた際、車を売り手から引き取りなどに伺うケースが多いと思います。その際には車を動かすと思いますが、万が一のそのタイミングで事故あった場合には保険が無い状態となり、大変な事態となってしまいます。そんなことにならないよう自動車保険にも事前に加入しましょう。自動車保険は名義変更が済んでなくても加入できます。なお、中古車個人売買WEBサイトを利用する際には陸送手配をすることがほとんでですので、いらぬ心配をすることはありません。

名義変更に必要な書類

名義変更時に必要とするのは自動車検査証はもちろんのこと必要書類は多数あり、手続きを自身で行うのは大変です。もし手続きが煩わしいということであれば、中古車個人売買WEBサイトを利用することをおすすめします。代行手続きを行うことが可能です。

車庫証明 車を保管または駐車するための証明書です。警察署で取得が可能になります。
実印・印鑑証明書 名義変更を提出する際に実印と印鑑証明書の書類も必要です。忘れないようにしましょう。
譲渡証明書 旧所有者との譲渡を証明するものです。自分の名前だけでなく旧所有者の名前の記入も必要となります。

※その他に、名義変更するにあたり登録手数料(500円)と新たなナンバープレートも発行(1440円~1880円程度)しなければいけません。

中古車売買は「CARNNYマーケット」もオススメ

個人売買メリット・デメリット

個人売買はとにかく安く買え・高く売れるという点にフォーカスされることが多いですが、個人同士でのやり取りでは様々なトラブルリスクが存在することは分かっていただけましたでしょうか。その不安要素を無くす為、中古車個人売買をサポートするWEBサイトが誕生し、少しでもスムーズに購入をできるよう手助けをしています。気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

記事出典:personal

中古車購入に関連するまとめ記事

Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント