噂の前科は載ってる?12桁の運転免許証番号に隠された意味とは一体?

 
運転免許証の番号で前科や学科試験での点数が分かるという噂は聞いたことありませんか?普段証明書として利用していても番号を覚えていたり、その意味を明確に認識している人は少ないと思います。そんな今回は、運転免許証番号12桁に隠された意味を明らかにしていきます。気になる免許証再発行についても触れていきます。

前科や試験の点数がわかる?

まずはじめに、免許番号については「免許試験の点数がわかる」「過去の犯罪歴・前科がわかる」など様々なウワサがありますが、どれも都市伝説。事実ではありません。

前科 免許

画像出典:flickr

各番号に隠された意味

それでは次に12桁の番号に隠された意味を説明していきます。それぞれの番号に一つずつ役割が与えられています。

1桁目と2桁目:取得した都道府県の公安委員会番号

免許 前科

画像出典:flickr

まずは最初の2つの数字について。これは、免許証を取得した都道府県を示します。
地域ごとに番号が振り分けられていて、順に北海道は10番台、東北は20番台、東京都は30番台、関東甲信越は40番台、北陸・中部は50番台、関西は60番台、中国は70番台、四国は80番台、九州・沖縄は90番台になります。北海道は同じ道内でも数が多いため、函館が11、旭川が12、釧路が13、北見が14と区分されています。自分の都道府県が何番なのか、ぜひ確認してみてください。
ちなみに関東地方の番号は下記の通りです。

東京都 30番
茨城県 40番
栃木県 41番
群馬県 42番
埼玉県 43番
千葉県 44番
神奈川県 45番

※海外で免許を初めて取得した際は、国内免許に切り替えた場所(各都道府県)の公安委員会番号が適応されます。

3桁目と4桁目:取得年の下2桁

免許 前科

画像出典:flickr

運転免許証取得年の西暦下2桁が、次の2つの数字になります。たとえば95なら1995年に取得、02なら2002年に取得したことを示します。

5桁目から10桁目:各都道府県における管理番号

免許証 前科

画像出典:flickr

5〜10桁目は、都道府県ごとに異なるルールに従って付けられる管理番号となります。ちなみに8桁目までの4つの数字のみピンク色になっているのは読みやすくするための色分けです。「免許の番号で過去の犯罪歴・前科がわかる」などの都市伝説はこの管理番号の明確な定義が公表されていないことによる憶測からスタートしたと言われています。

11桁目:チェックデジット

前科 免許

画像出典:flickr

11桁目の数字は、チェックデジットと呼ばれ数列の誤りや偽造のチェックをするために使用される数字です。クレジットカードにも使用されており、先ほどの都道府県ごとの管理番号6文字を元に特定の計算式を行うことで決定される数字です。偽造の際にその管理番号を適当にしても、この数字がデタラメだと偽造が発覚してしまうというわけです。また、免許番号の入力ミス防止にもなり、正確さのチェックにも役立ちます。

12桁目:再発行回数

前科 免許

画像出典:flickr

最後の数字は、運転免許証の紛失・盗難によって再発行をした回数を示します。再発行を一度もしていない場合は、最後1桁は0になります。クレジットカードの審査などで運転免許証を身分証として提出するときに見られる数字、とも言われています。ちなみに5回目の再発行あたりから悪用防止のために手続きが厳しくなるみたいです。くれぐれも失くさないようにしましょう。

再発行に上限はあるの?〜口コミ情報〜

再発行する度に、末尾の数字が変更になるのが気になるという意見も。ちなみに再発行は3回まで・3回以上で免停という噂もありますが、特に上限は設けていません。ですが、3回以上紛失するとさすがに警察官に怪しまれる可能性がありますので、大切に保管しておくのが得策です。

まとめ

普段そんなに使う機会のない運転免許証番号ですが、ひとつひとつの数字に意味があります。単純に発行順というわけではないんですね。前科や点数は分からないので間違った情報に踊らされないように気をつけましょう。また、少しでも個人情報などばれたくない方は、免許証の番号も隠しておくと良いでしょう。免許証をいつどこで取得したかわかってしまいます。

前科 免許

画像出典:gahag

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする