ポルシェ960 2019年に向けてフェラーリ488 GTB対抗車種を開発中

ポルシェが911と918の間に位置する、上級ミッドシップカーの「960」を開発中とのニュースが報じられています。
ポルシェ960
この車はフェラーリ488 GTBやマクラーレン650Sの対抗車種として開発されており、エンジンはミッドシップに水平対向8気筒3.9リッター・クアッドターボを搭載してくると予想されています。出力は650馬力クラスとみられ、駆動方式としてAWDを採用した場合、0-100km/hタイムは2.5秒を実現する見込みです。

ポルシェ960
プラットフォームは新しく開発され、アルミニウムや高張力鋼板、チタニウムなどを多用して軽量化と高剛性を両立してくるようです。このプラットフォームは汎用性も高く、992などもこれを用いている可能性が高そうです。

今後、ポルシェはハイブリッドモデルやEVのラインナップを拡充すると思われますので、2年後に登場する車種がガソリンエンジンのみというのは考えにくいのですが、この車がカタログモデルとして登場するのか、台数限定で登場するのか今後のニュースに期待したいと思います。

記事参照元:CARBUZZ

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする