“リアスポイラー”と”リアウイング”の違いとは?それぞれ異なる効果を徹底解説

 
"リアスポイラー車”と"リアウィング車"の違いを徹底解説!エアロパーツとしてリア部分に装着するリアウィングとリアスポイラーは、どちらもスポーツカー等に使用されることが多いパーツ。そんな2つのエアロパーツの違いと効果、取り付けについてまとめました。

リアスポイラーとリアウィングの違いをピックアップ!

スポーツカーではお馴染みのエアロパーツとして装備されている「リアウィング」や「リアスポイラー」ですが、実際に何の効果があるのかご存知でない方も多いのではないでしょうか?
今回はこのリア(後ろ)に備え付けられているパーツについて、一体どのようなものなのか紐解いていきましょう。

リアウィング

画像出典:flickr

リアウィングとは?

リアウィングとは、文字通り「車体の後部に装備する翼」です。トランクリッドから飛び出した見た目でスポーツカーでは多く採用されています。
走行中に発生する空気抵抗を抑制させ、路面に押さえつけられるダウンフォースの力を生み出して、後輪のタイヤに対するグリップ効力を向上させる効能があります。また、車体後尾に搭載されたディフューザーにも気流を散らばせる効果があり、マシンのパワーを最大限に引き出してくれるパーツです。

R34 GT-R

画像出典:wikipedia

見た目では、ボディに追加装備されたようなものがリアウィングとなり、特徴はトランクリッドから飛行機のような「翼」が生えています。

リアウィングタイプの代表的な車

主にレース仕様車両に取り付けられることが多く、「GTウイング」として広く知られています。装備することにより、ボディデザインにスポーティさを強調できることから、モータースポーツ好きを中心に人気が高いパーツです。また、レースなどスピードを求められるシーンでは非常に重要な空力調整の役目を担い、コーナリングやブレーキング時の安定性を向上させる効果があります。

「スカイラインGT-R(R34型)」

日産スカイラインGT-R

画像出典:wikipedia

「アヴェンタドール」

大きなリアウィングがカスタマイズされています。装備に必要な費用は290万円とかなり高価な代物です。

アヴェンタドール

画像出典:gearheads

「GR スープラ レーシング」

コンセプトカーとしてジュネーヴ・モーターショー2018に登場した「GR スープラ レーシング」。市販モデルの先駆けとして発表された一台には、その名の通りレーシーなデザインに加え、エアロパーツとして大型のリアウィングが装備されています。

GRスープラ リアウィング

画像出典:flickr

リアスポイラーとは?

リアウィングとは異なり、車体後部にそのボディの流れに沿う形で装備された「翼」のない跳ね上げ式のエアロパーツがリアスポイラーです。
車体後部に集まる気流の流れを自動調節することができ、無駄な空気抵抗を減少させ、車の安定性を強化させる効果があります。また、空気の抵抗を抑えることから、燃費性能にも影響を与えます。なお、純正パーツとして装備される車も多くあります。

シボレーコルベット

画像出典:wikipedia

ボディラインに沿って備え付けられているものがリアスポイラーです。

新型「パナメーラ ターボ」の格納式リアスポイラーが話題

4リッターV8エンジンを搭載し、550馬力を発揮するポルシェの高級4ドアセダン「パナメーラ ターボ」。ニュルブルクリンク北コースにおいて世界最速となる7分38秒を叩き出す最強モデルですが、実はその走りだけでなく格納式リアスポイラーも注目を集めています。

新型「パナメーラ ターボ」は空力抵抗を配慮し、3分割に格納されているリアスポイラーを採用。高速域に入ると飛び出す構造を取り入れ、スポイラーと同時に車高も低くなるのは「パナメーラ ターボ」の特徴の1つと言えるでしょう。

出典:youtube

可変式リアスポイラーも普及しています。

走行する速度に合わせて自由に可変することが出来る上に、走行中の安定性を高める他にエアブレーキとなる効果も期待できることから、可変式リアスポイラーは、ブガッティ「ヴェイロン」やパガーニ「ウアイラ」などのスーパーカーに最近では多く採用されています。

出典:youtube

リアウィングとリアスポイラーの役割

結果的には、空気抵抗の抑制方法自体は異なりますが、双方ともに「空気抵抗を低下させ安定性を向上させる」という共通の役割があります。走りの違いを楽しみたい方は、リアウィング(リアスポイラー)を取り付けるのも1つの手かもしれません。ちなみに、リアウィングは165mm以内で車検に通るサイズとされているので、取り付ける際には必ずサイズに注意をしましょう。

ポルシェ GT3

画像出典:dizell

リアウィングとリアスポイラーの違い

リアウィングとリアスポイラーの違いは、形状とそれによる効果です。リアスポイラーはボディに密着しており、リアウィングはボディと翼が離れています。
前述したように、空気抵抗を制御する共通の役割がありますが、リアスポイラーは車の後ろを流れる気流を取り除くのに対し、リアウィングは気流を制御数効果があります。

購入して取り付ける際には

走行性アップやデザイン性を求めてリアスポイラーやリアウィングを装着することも多いかもしれませんが、この2つには実や役割や違いがあります。どちらを取り付けたほうが良いのか、検討してから購入しましょう。

また、取り付ける際には車検に通るか確認し、業者に取り付けを頼んでしまった方が良いかもしれません。安ければ数千円で取り付けてもらえますし、高くても10万円を超えることはないようです。不備があった場合には、道路交通法違反などで罰則となることもありますので、きちんと確認してから取り付るようにしましょう。

クチコミ情報

リアウィングもリアスポイラーが車に合わないと感じたら、無理に装着しない方がいいかもしれません。

リアスポイラー

リアウィング

まとめ

リアスポイラーやリアウィングは、装着していると何となくかっこよさを感じますが、実は気流を抑制し走行性をアップさせるためにあります。さらに、リアウイングに関しては空気抵抗(ダウンフォース)を発生させて、より走行性能に影響が出てきます。それぞれ異なる効果を発揮するため、どちらが車に適しているか確認してから購入しましょう。また、取り付けの際には車検に通るか確認を受け、業者で取り付けてもらった方が良いでしょう。もし、ドレスアップのために装着を考えているのであれば、リアスポイラーをおススメします。

リアスポイラー

出典:flickr

エアロパーツに関する情報まとめ

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする