知らずに飲酒運転の車に乗ってしまった場合も罰になる?飲酒運転の罰則まとめ

 
常識では考えられませんが、万が一飲酒運転をしている人の車に乗ってしまった場合、ドライバー以外の同乗者にも重い罰則が存在します。今回は、「飲んだら乗るな」を徹底していただくために同乗者も犯罪者になりかねない飲酒運転の罰則についてご紹介します。

昨今飲酒運転の取り締まりは一層厳重になされるようになり、また社会全体としてもその意識が高まってきました。その甲斐もあって、警視庁の報告によると飲酒運転の事故は、過去10年の間で着実に減少傾向にあるそうですが、事故数がゼロを達成したことがないのも事実です。

Drunk driving passenger_01

画層出典:警視庁

ではもし万が一、飲酒運転をした人の車に同乗してしまったとしたらどうなるか考えたことはありますか?みなさん自身は飲酒運転なんてことはしないと思いますが、この場合罰則はあるのでしょうか?
今回は改めて飲酒運転をしていた場合と、その同乗者の罰則についてまとめています。

そもそも飲酒運転の定義とは?

飲酒運転

画像出典:lifesafer

飲酒運転とは、お酒を飲んだ状態で運転していることで、自動車だけではなく、バイク、自転車、船舶も同様に適応がされます。自動車の場合には、道路交通法において、飲酒運転の罰則は2種類に分類されています。

酒気帯び運転

血中のアルコール量が呼気の場合には0.15mg、血中アルコール濃度では01ミリリットルあたり0.3mg以上での運転に該当します。なお、二日酔いの場合も酒気帯び運転になってしまう可能性も!?

酒酔い運転

こちらは具体的な数値での規定はありません。呼気や血中アルコール濃度が酒気帯び運転の数値に達しない場合でも、正常な判断ができないとみなされると、酒酔い運転に該当します。

警官に飲酒運転のチェックをされているシーンと言われれば、呼気の確認とふらつかずに歩けるかという場面が連想されますが、これは酒気帯び運転、酒酔い運転のもどちらも確認をされているシーンということになります。

飲酒運転の具体的罰則

飲酒運転の当事者の罰則は以下の通りとなっています。

違反点数

飲酒状態 違反点数 処分内容 欠格期間
酒酔い運転 35点 免許取消 3年
酒気帯び
0.25mg以上 25点 免許取消 2年
0.15~0.25mg 13点 免停90日

刑罰

飲酒状態 刑罰
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び
0.25mg以上 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
0.15~0.25mg

飲酒運転者周囲への罰則はあるのか?

ではここからが本題です。
運転手が飲酒した状態で運転する車に同乗した際には罪に問われるのでしょうか?
答えは知っていれば罪に問われます。そして飲酒運転者と同様に罰則も設けられています。

Drunk-driving-passenger_03

画像出典:womenonwheels.co.za

飲酒運転者の周囲の場合、罰則は道路交通法にはあたりませんが、飲酒運転をする可能性があるにも関わらず車両や酒類を提供したり、飲酒運転であると知りながら同乗した人に対して、以下の通りの罰則と行政処分が下されます。
飲食店で張り紙や注意喚起がなされているのは、これが理由になります。

飲酒運転者の周囲(飲酒運転ほう助者)に対する罰則

・運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
・運転者が酒酔い運転  3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

Drunk-driving-passenger_02

画像出典:statisticbrain.com

飲酒運転の事実を知らなかった場合はどうなるか?

ではもし、運転手が飲酒をしている事実を知らなかった場合にはどうなってしまうのでしょうか?道路交通法の条文には以下の通り、禁止事項と罰則について明言されています。

酒気帯び運転等の禁止 第65条 4項

何人も、車両(トロリーバス及び旅客自動車運送事業の用に供する自動車で当該業務に従事中のものその他の政令で定める自動車を除く。以下この項、第117条の2の2第6号及び第117条の3の2第3号において同じ。)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第1項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

罰則 第117条2の2第6号

第65条(酒気帯び運転等の禁止)第4項の規定に違反した者(その者が当該同乗した車両の運転者が酒に酔つた状態にあることを知りながら同項の規定に違反した場合であつて、当該運転者が酒に酔つた状態で当該車両を運転したときに限る。)

禁止が記載されている第65条 4項では「酒気を帯びていることを知りながら」としており、また罰則の第117条2の2第6号には「その者が当該同乗した車両の運転者が酒に酔つた状態にあることを知りながら」と明記されていることより、同乗した人は知らなかったという事実を立証できれば、場合には罪に問われることはないようです。

クチコミ情報

ほう助が罪であることを知らしめるのも飲酒運転撲滅への一歩

どんな場合でも飲酒運転をすることは許されませんが、「少しなら大丈夫」と飲酒運転をそそのかすようなことも絶対にあってはなりません。運転手が飲酒運転ではないかと疑わしい場合には、必ず飲酒運転をやめさせなければ自身もほう助をしたとして罪に問われます。飲酒運転の撲滅を謳う際には、飲酒運転ほう助者の罰則があることを知らしめることも、飲酒運転撲滅の一助となるのではないでしょうか?

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする