並行輸入車とは?購入手順からメリット・デメリットまで徹底解説

 
並行輸入車についてご存知でしょうか? 車種によっては、日本国内で扱われていないモデルも並行輸入車として安価で手に入れることができるかもしれません。しかし、並行輸入はコストや労力がかかるのも事実。そんな並行輸入車のメリットやデメリットを解説します。

並行輸入車とは

「並行輸入車」とは、正規の販売代理店ルートとは別のルートで、海外メーカーやブランドの真正品の車両を輸入することです。並行輸入では日本には輸入されていない外車や、外国でしか取り扱いのない日本車を手に入れることができます。

並行輸入車

画像出典:flickr

並行輸入車のしくみ

通常の輸入で海外メーカーの製品は、メーカーの日本法人や正規代理店を通じて日本に届けられます。しかし、ここでは海外メーカーで生産されるすべての車種を取り扱っているわけではないため、これらの業者が日本に輸入しなかった車は日本で買うことができません。

並行輸入とは、メーカーとは直接関係のない独立した業者が外国でそのような製品を購入し、正規代理店以外のルートで輸入することをいいます。このルートで輸入された日本では未登録の自動車を、並行輸入車と呼んでいるのです。

並行輸入車

画像出典:aacd

並行輸入車の購入手順

並行輸入車を購入しようと考えた際に、まずは購入を考えている車種を扱っている並行輸入業者を探すことをオススメします。もちろん語学が堪能で車や法などの専門知識も豊富であれば、1人で行うこともできるかもしれませんが、不慣れな方であれば業者に頼んだほうが安心です。輸入する際に必要な様々な手続きや検査、改造までを代理で行ってくれるため、お気に入りの車を安心して並行輸入できます。

専門知識をお持ちの方は、自分で並行輸入にチャレンジすることで、少し価格を抑えることも可能です。上記した図の中から、並行輸入業者を省略することができるため、実際の価格で購入することができます。その際には、円高などの動きも気にしておくと、さらにお得に購入することができるでしょう。

並行輸入車のメリット

安価で入手出来る

並行輸入車の購入では、正規輸入車よりも価格が安くなるケースが多くあります。特に円高のタイミングを狙って購入することで、大幅にコストを抑えて外車を手に入れることができます。

並行輸入車

画像出典:photo-ac

正規輸入では日本に輸入されない外車が手に入る

並行輸入すると、正規輸入では日本に輸入されない外車が手に入ることも大きな魅力です。また、ボディカラーやエンジン等も、日本仕様以外のモデルも選択肢に入れることが可能となります。

様々な海外メーカーが日本進出しているなか、多くの車種が日本に輸入されているように思うかもしれませんが、実は日本に輸入されない車種は意外に多くあります。
例えば、大型ピックアップトラックや大型のワゴンなど、海外では人気ですが日本での安定した需要が見込めないため、国内販売をしていません。欧州人気の高いディーゼルエンジン搭載の日本メーカーの車でも、日本自体では取り扱いのない場合もかなり多くあります。このような海外メーカーの珍しい仕様車をどうしても購入したいという場合は、並行輸入が唯一の方法です。

並行輸入車とは?シュコダ

画像出典:topgear

並行輸入車のデメリットは?

メンテナンスが非常に大変

並行輸入車

画像出典:flickr

正規ルートでの輸入ではないため、まずメーカー保証の対象外となり、さらに正規のディーラーでは整備を受け付けてもらえない可能性も高くなります。修理のためのパーツなども海外から取り寄せる必要があり、場合によってはメンテナンスするためのパーツを入手できない、または入手するために時間とお金を費やさなければいけないなどの問題も出てきます。

並行輸入車のメンテナンスをしてくれる非メーカー系整備工場もありますので、メンテナンスを受ける際はそのようなところにお願いすると良いでしょう。メンテナンスや修理をしてくれそうな工場や業者をあらかじめ確保しておくのも良いかもしれません。

車両保険への加入が難しい

並行輸入車

画像出典:flickr

並行輸入車の場合、車両保険において「型式不明」扱いになってしまうことが多く、保険加入を断られてしまうケースがあります。特にインターネットから加入するダイレクト型自動車保険において、加入不可というケースが多いようです。場合に応じて受け付けてくれる会社もありますので、輸入する前に一度保険会社と相談してみることをおすすめします。

輸入業者に支払う手数料がかかる

並行輸入車を輸入する際には、通関手続きや排出ガスの検査、日本基準に規格を適合させるための改造が必要です。専門知識なしですべてを1人でやるのは、なかなか骨が折れます。輸入から検査、改造まで代行してくれる業者もありますので、そのようなところへ依頼すると安心です。代行にかかる手数料は、およそ100万円が相場のようです。

並行輸入車

画像出典:photo-ac

並行輸入でしか手に入らない車

フォード「マスタング」

並行輸入車

画像出典:wikipedia

フォードを代表するスポーツカー「マスタング」。フォードは日本から完全に撤退しており、並行輸入車としてしか手に入りません。

トヨタ「タンドラ」

タンドラ

画像出典:flickr

北米で人気を誇るフルサイズピックアップトラック「タンドラ」はトヨタ製ですが、日本では取り扱いがないため、逆並行輸入という形でしか手に入りません。

日産「NV3500パッセンジャー」

nv-passenger

北米で販売されている日産「NV3500パッセンジャー」は、12人乗りのフルサイズバンとなります。マイクロバス並みのサイズ感ですが、大人数でアウトドアを楽しむ方には打って付けの一台と言えるでしょう。

並行輸入車についての口コミ

並行輸入車はメリット・デメリットを考えて購入しましょう

並行輸入車は、円高のタイミングを狙うことでより安く購入できる点が最大のメリットです。その上、日本では扱われていない珍しいモデルも手に入るとなれば、さらにうれしさも倍増です。しかし、購入のタイミングや維持費などのコストや労力がかかる点は覚悟しなければなりません。

メリットとデメリットのバランスを考えながら購入の機会を伺うことが大事ではありますが、今こそ購入のチャンスだ!入手の苦労も愛車の為ならいとわない!そう感じたら、並行輸入でお得にお気に入りの1台を手に入れてみてはいかがでしょうか?

並行輸入車

中古外車購入に関する関連記事

【外車に関してよくある疑問に関するアンサー記事】

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする