いまさら聞けないテスラの歴史とイーロン・マスクが目指す未来

 
「モデルS」や「モデル3」といった自動運転搭載のEVモデルを手掛けるテスラ。まだ創業して間もない会社ということもあり、どういうメーカーなのかいまだによく知らない​方も多いのではないでしょうか。 そんな今回は、テスラの歴史と今後の展望、CEOであるイーロン・マスク氏の夢について迫っていきます。宇宙へ放たれた「ロードスター」は今どこへ...。

2003年に創業した「ベンチャー企業」

テスラモーターズ 01

画像出典:pinterest

テスラは、2003年にアメリカはシリコンバレーを拠点として生まれました。 社名の由来は、発明家であり、物理学者のニコラ・テスラ氏。創業者と思われがちですが、実は彼はテスラ・とは何の関わりもありません。

ニコラ・テスラ

画像出典:nikola-tesla.sakura

テスラはこれまでの自動車メーカーと異なり、シリンコンバレーに本拠地を構える企業であり、その性格はどちらかといえば既存の自動車会社よりはIT系ベンチャー企業に近いところがあります。 出資者を見てもグーグルやイーベイといった、シリコンバレーの著名な企業家が名を連ねています。

電気自動車に特化したラインナップ

テスラ 01

画像出典:TESLA

テスラが作るのは、すべて電気自動車です。モデルの数も絞り、ひとつひとつを大々的に売り出すスタイルは既存の自動車メーカーと一線を画しています。 2008年に最初のモデルとして発売されたロードスターは、日本円で1000万円以上。人気の高いモデルSも1000万円以上の価格でした。最新モデルの「モデル3」は比較的お手頃価格となっていますが、それでも他社メーカーの一般向けモデルに比べれば高めの値段設定です。日本でも、日産「リーフ」が電気自動車として有名ですが、最近ではテスラの車もよく見かけるようになりました。

テスラを率いるCEO、イーロン・マスク氏

現在テスラ会長兼CEOを務めるイーロン・マスク氏は、南アフリカ共和国出身の起業家です。10歳から独学でプログラミングを習得し、12歳の時には最初の商業ソフトウェアを販売するなど、幼少時から才能を発揮していました。

テスラ イーロンマスク

画像出典:ja.wikipedia.org

17歳でカナダのクイーンズ大学に入学するも、その3年後にはビジネスと物理学を学ぶためにアメリカのペンシルベニア大学へ進みます。そこで経済学学士号を取得したのち、物理学を修めるためにカリフォルニアのスタンフォード大学へ向かいました。
しかし、スタンフォード大学院に入学したのち、すぐにインターネットブームに合わせて起業するために2日で退学。弟と共同でZIP2社を立ち上げ、後に買収された際に資金を手に入れます。

テスラ イーロンマスク

画像出典:ja.wikipedia.org

1999年にはPayPal社の前身となるX.com社の共同設立者になり、2002年にはロケットの製造開発に携わるスペースX社を立ち上げます。宇宙輸送を可能にするロケットの製造開発に携わり、人類の未来の可能性を創造するべく尽力したのです。宇宙探査や再生可能なクリーンエネルギーの追求に取り組んだマスク氏は、電気自動車メーカーとして登場したばかりのテスラ・モーターズに投資を始めます。そうして2008年、テスラのCEOに就任することとなりました。

「re-usable」という思想

マスク氏がどの事業においても重要視するのは、「再利用が可能かどうか」ということです。スペースX社で彼が開発したロケット「ファルコン9」は、将来的な有人飛行成功を見据え、使い捨てではない「re-usable」なロケット、すなわち再利用可能であることが重要なコンセプトになっています。

テスラ イーロンマスク

画像出典:www.spacex.com

エネルギーを消費し続けるだけでは人類にとって持続可能な未来は訪れないと考えるマスク氏は、だからこそ再利用可能という観点を重要視します。再利用可能な新しい宇宙開発のあり方を目指す彼が、エネルギーの再利用によって地球環境保護の面でも有効な電気自動車に目をつけたのは当然の流れだったのかもしれません。

火星へ向けた最新ロケット「ファルコンヘビー」打ち上げ成功!

以前から”ロードスターを宇宙に飛ばす”と公言してたイーロン・マスク氏。最新ロケット「ファルコンヘビー」の打ち上げが成功し、また一つ大きな快挙を成し遂げています。ちなみに、”ロードスター”を乗せた「ファルコンヘビー」は最大64トンまで積載することが可能であるとのことです。

画像出典:youtube

自動運転も先駆するテスラ

電気自動車と同時に、最近話題となりつつある自動運転技術にもテスラはいち早く開発着手をしています。その自動運転時術はすでに人間を返さずに走行・停止・駐車まで行えるほど完成をしており、メインモデル「モデルS」には既に導入がされています。現在、2018年内に自動運転”レベル4″を導入した量産モデルを開発中ですが、今後の動向に世界中が注目をしています。

画像出典:youtube

歴代モデルたち

「ロードスター」

テスラ ロードスター 01

画像出典:Wikipedia

2008年に発表されたテスラ初のモデルは、スポーツカーでした。 社名の由来であるニコラ・テスラ氏の発明品であった交流誘導電動機を中心としたパワートレインを設計し、その特性を生かして生まれたモデルです。1回の充電で394kmもの航続距離と3.9秒で0-100km/h もの加速性能を持ち、高級車にも関わらず2400台以上を売り上げました。

2017年11月には新型モデルを発表。新型「ロードスター」は、時速60マイル(時速約96km)まで1.9秒という驚異的な走りを可能とし、スポーツカーの領域を超えた一台として注目を集めています。2020年に販売を予定しています。

新型「ロードスター」参考動画

画像出典:youtube

「モデルS」

テスラ イーロンマスク

画像出典:www.teslamotors.com

続いてテスラは、2012年、世界初のプレミアムEVセダンである「モデルS」を発売しました。 100%の完全な電気自動車として開発されたモデルSは、7人が乗れるスペースと1800ℓもの荷室容量というファミリーセダンの特性と、約5秒で100km/hまで加速するスーパーカー並みのスペックを見事に両立したものでした。

テスラ イーロンマスク

画像出典:www.teslamotors.com

そして何より人々を驚かせたのは、主な操作がすべてダッシュボードに設置されたタッチパネルで行えるということです。 本来ならシフトレバーや煩雑な装置が並んでいたあたりはすっきりとし、次世代車として新たな形が世の中に呈示されたのです。 モデルSは2013年にアメリカのカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、現在でも高い人気を博しています。

モデルX

テスラ イーロンマスク

画像出典:www.teslamotors.com

2015年に発表されたのは、クロスオーバー車「モデルX」です。 このモデルでは、安全性が何よりも重視されました。フロア下にバッテリーを取り付けることで重心が下がり、横転リスクを大幅に低減。アクティブセーフティも搭載され、高速走行時でも自動ブレーキが作動するよう設計されています。

テスラ イーロンマスク

画像出典:www.teslamotors.com

注目すべきは、このファルコンウィング。幅の狭い駐車スペースでもドアの開閉に困らず、自動車の可能性がぐんと広がりました。

モデル3

テスラ モデル3 01

画像出典:bgr.com

そして、現在の最新モデルとなる「モデル3」。 フロントグリルが無い斬新なデザインに、驚いた方も多いはず。印象的なホイールとスタイリッシュな前面が、一目見てテスラだと物語る印象的なデザインです。 大人5人乗りと、先代より少々コンパクトになったこちらのモデルは、低価格であることもポイントの一つです。日本円でおよそ380万円ほどになるだろうと予測され、1000万円超が当然だったテスラに手が届くと世界中のファンが喜びました。

現在開発中の新型モデル

モデルY

現在、「モデル3」とともに開発中と噂されているSUV「モデルY」。マスタープラン・パート2の第一弾モデルとして最も注目を集めているモデルとなっています。

テスラ イーロンマスク

画像出典:motorionline

EVトラック「セミ」

2017年11月に発表されたEVトラック「セミ」。このEVトラックは運転席をセンターに配置し、シフトやクラッチは搭載されない一台となります。0-60マイル/h(約97km/h)加速は、ディーゼルトラックよりも10秒も速い5秒(トラック単体)という驚きの数値を実現し、航続距離は約800kmまで引き延ばされるとのこと。また、急速DC充電器のメガチャージャーを使用することで640kmまで(30分間の充電)走行できると公表されています。2019年に生産を開始する予定です。

画像出典:youtube

EVピックアップトラックも開発へ

勢いが止まらないテスラは、近年注目を集めているピックアップトラック市場にも参入します。EVピックアップトラックの開発は、小型SUV「モデルY」の販売後(2019~2020年の間)と言われており、そのサイズ感はフォード「F150」並になるとのこと。デザインはEVトラック「セミ」から受け継がれるようです。

テスラ ピックアップトラック

画像出典:autoguide

これからのテスラが目指すものは?

テスラ イーロンマスク

画像出典:alphr

テスラは現在、続々と生産拠点を拡大し、生産速度をますます上げています。スーパーチャージャーの増設など、どこにいてもテスラを活用できる社会に向けて、拡大を続けているのです。 現在ネバダ州に建設中であるギガファクトリーでは、「モデル3」の生産を促進。企業や住民のエネルギーコストを削減し、電力貯蔵用バッテリーパックの生産も開始していきます。テスラは、新たに参入してきた自動車メーカーという枠組みでは、もはや語ることができません。エネルギーイノベーションに重点を置くテクノロジー企業であり、新たなアイデアを提供するデザイン会社でもあるのです。

イーロン・マスク氏の夢

テスラCEOであるイーロン・マスク氏が、大きな野望と今後の計画を熱く語った動画。不可能を可能にする男とは、まさに彼のことかもしれません。

画像出典:youtube

関連ニュース

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする