ボディカバーは取り付けるべき?ボディカバーのメリット・デメリットを解説!

 
ボディカバーを取り付けることで様々な外的ダメージから車体を保護することができます。しかし、ボディカバーを取り付ける際にはデメリットについても理解しておく必要があります。今回はボディカバーを取り付けるメリットやデメリット、ボディカバーの選び方などを解説します。

ボディカバーは青空駐車の必需品

車・ボディカバー

画像出典:indiamart

ボディカバーを取り付けることで様々な外的ダメージから車体を保護することができます。しかし、ボディカバーを取り付ける際にはデメリットについても理解しておく必要があります。今回はボディカバーを取り付けるメリットやデメリット、ボディカバーの選び方などを解説します。

ボディカバーを取り付けるメリット

ボディカバー

画像出典:hurricaneauto

ボディカバーは外的ダメージから車を守る

車は直射日光や雨によって想像以上にダメージを受けます。さらに雪や砂埃、最近では黄砂や猫の爪痕や鳥のフンなど、車にとって悪影響となる要因は様々存在します。ボディカバーを取り付けることで、これら外的要因によるダメージを軽減することができます。

ボディカバーは人的被害からも車を守る

車を狙うものは自然現象だけではありません。車上荒らしやイタズラなどの人的要因によって傷がつくこともあります。ボディカバーを取り付けていると車上荒らしは面倒臭がるため、被害のターゲットから除外されやすくなります。

ボディカバーは快適な使用環境を保つ

ボディカバーを取り付けることによって、特に夏場は車体温度が上昇しないよう直射日光から防いでくれます。そして冬場は雪が積もっていても簡単に払い落とすことができます。また長期間運転しない人やあまり運転をしない人については、普段からボディカバーを取り付けておくことで砂やほこりの付着を防ぎ、快適な使用環境を保つことができます。

ボディカバーを取り付けるデメリット

ホンダ S660 01

画像出典:HONDA

ボディカバーは取り付けが面倒

ボディカバーは車体全体を覆うためサイズが非常に大きく、一人で取り付ける際には苦労します。特に女性にとっては大変な労力です。また子供の送り迎えや仕事など頻繁に車を使う方にとっては、手間の方が大きく感じてしまうかもしれません。また逆に、すぐに車を使いたいと思った時にカバーをしていると、取り外しに時間もかかり面倒な手間になってしまいます。

ボディカバーを取り付ける前に手入れが必要

ボディカバーを取り付ける際には、車体の表面を綺麗にしておく必要があります。砂や塵が付着したままボディカバーをかけてしまうと、車体と擦れて傷がつく恐れがあります。特に風の強い日にはボディカバーが大きくバタつくこともあるため、注意しましょう。また、たとえ小雨であっても雨水はしっかり拭き取りましょう。濡れたままボディカバーを取り付けると車体が十分に乾かず、雨染みがひどく付いてしまうことがあります。

ボディカバーの選び方

ボディカバーを選ぶ際には車種専用品を選ぶことをおすすめします。車種専用品ではないボディカバーの中には、車体をしっかりカバーしきれないものもあります。風に煽られて膨らまないよう設計された通気筒付きボディカバーや、車体が傷付かないよう裏起毛になっているボディカバーなど、ボディカバーには現在多くのモデルが存在します。メーカー毎に比較検討してみると良いでしょう。一番良いのはディーラーで販売されている、ボディカバーです。純正品であるので、しっかり覆ってくれます。

ボディカバーは定期的に買い替えよう

画像出典:youtube

ボディカバーは徐々に劣化していきます。「ちょっと傷ついているけどまだ大丈夫」と強引に使用を続けていると、放し飼いの猫の遊び道具になってしまうこともあります。ボディカバーは定期的に買い替えましょう。

ボディカバーのおすすめモデル

AUDEW「自動車車体カバー」

ボディカバーを購入する際、コストパフォーマンスを重視する方にはこの商品がおすすめです。このボディカバーは耐摩耗性に優れた素材を使用しており、オールシーズンあらゆる環境に対応可能です。「耐久性が高く、安心して使用できる」という口コミも多数あがっています。裏起毛は付いていませんが機能性は高く、同価格帯ではトップクラスの商品です。

ゴールドストア「ボディカバー 自動車 PEVA」

このボディカバーは安価ながら裏起毛が付いている点が特徴的です。擦過傷を絶対につけたくないという方にはおすすめです。撥水や防振など一通りの機能が備わっており、ワンタッチベルトなど使い勝手についても配慮されています。ただ若干耐久性は低いため、裏起毛をとるか耐久性をとるかで好みが分かれるところです。

カバーライト「5層構造ボディカバー CL-17 (裏起毛付)」

質の良いボディカバーを求める方にはこの商品がおすすめです。特殊なフィルム加工が施されており、炎天下での強い紫外線からも守ってくれます。また裏起毛が付いているため擦過傷がつきにくく、掛け外しも楽々です。販売価格は15,500円(税込)とやや高額ですが、しっかり車を保護したいという方にはおすすめです。

ボディカバーについての口コミ

まとめ

ボディカバーを取り付けることで青空駐車の際のダメージを軽減することができます。しかし車体に合わないボディカバーを選んだりボディカバーの使い方を誤ってしまうと、かえって車体に傷が付いてしまうこともあります。特に慣れないうちはボディカバーの取り付け作業を面倒に感じるかもしれませんが、車を綺麗に長持ちさせるためにも正しく使いましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする