テスラ新型「モデル3」の生産体制が変更!目標生産台数は週6000台

 
世界が注目するテスラ新型「モデル3」について、生産環境がようやく整い始めたようです。テスラは生産体制を24時間シフトへ変更し、週あたり生産台数を2000台に設定。さらに6月末までには週6000台の生産を計画しているとのこと。「モデル3」の最新情報をお届けします。

目次

ニュース

テスラ新型「モデル3」の生産体制が変更!目標生産台数は週6000台

2018年4月24日

テスラ・モデル3

画像出典:cnn

テスラは4月3日に「モデル3」の1週間あたりの生産台数を2000台に設定し、生産体制を24時間シフトに変更したことが分かりました。またそれに伴い、作業員も数百人規模で増員していく模様です。

生産環境についてはこれまでも度々取り沙汰されてきたテスラ。ようやくベースが整い始めたようで、投資家たちもポジティブな見方が大半とのこと。テスラCEOのイーロン・マスク氏は今後の計画として、「2018年6月末までには、生産ペースを週6000台までアップする」と語っています。

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする