BMW 7シリーズ ワールド・ラグジュアリー・カー・オブ・ザ・イヤー2016を受賞!

BMWの新型「BMW 7」シリーズが、ニューヨークモーターショーにおいて「ワールド・ラグジュアリー・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞しました。

2015年の秋に発売された新型「BMW 7」シリーズは、なめらかな乗り心地とスポーティなハンドリング、さらにハイテクな機能を兼ね備えています。
評価されたのは、そのクラシックなデザインと高いパフォーマンスが両方実現されていること。審査員は、ファミリー車としての新しい顔でありながらクラシックな面も持ち、同時に高次元にスポーティなドライビング・ダイナミクスを実現していると評しました。
BMW_luxury2016_02

BMW_luxury2016_03

画期的なカーボン・コア・ボディ構造は、カーボンファイバー強化樹脂を使用することで、重量の削減とねじれ剛性・曲げ剛性の全体的な強化を可能にしました。このカーボンファイバーの原料はなんと日本で作られているそうです。
革新はそれだけでなく、ジェスチャー・コントロールやワイヤレス充電、ディスプレイ・キーといった新たな技術を数々導入しています。
BMW_luxury2016_04

もちろん走行性能も抜群。
新しいエンジン・ラインアップを採用したことで驚くほどの走りを見せます。軽量化されたボディとともに、快適な走りを生み出す特徴が多々あるのです。

高級感のあるインテリア

BMW_luxury2016_05

BMW_luxury2016_06

BMW_luxury2016_07

さらに注目したいのは、新型「BMW 7」シリーズのインテリアです。
広々とした快適な空間を提供するシートは、見るからに座り心地が良さそう。後部座席でもパーソナルスペースがしっかり確保されていて、しかもモニターまであるのですから、これなら長時間の移動も苦痛にはならなさそうですね。
スカイラウンジ・パノラマ・ガラス・ルーフが取り付けられていることで、車内においても光が差し込み、窮屈さも感じさせません。

BMW_luxury2016_08

エレガンスとハイスペックを両立させた、ラグジュアリーの極みのような新型「BMW 7」シリーズ。
技術とデザイン、両面における自動車の新たな進化に、これからも目が離せません。

新型7シリーズに関連する記事

BMW7シリーズの歴史を振り返る

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする