“ミラーレス車”解禁で何が変わる!?ミラーレス車のメリット・デメリットとは

 
"ミラーレス車"のメリットとデメリットを徹底解説!遂に日本でも公道走行が可能になりドアミラーを装着しない"ミラーレス車"が普及する見通しです。今回は、そんな"ミラーレス車"の導入により何が変化するのかご紹介します。

ミラーレスの狙い

これまで一般的に装備されていたドアミラーやバックミラーでは、どうしても死角が出来てしまう可能性があり、安全性が問題視されてきました。実際に、死角が原因で交通事故も発生しています。このような死角を改善するため、従来のドアミラーやバックミラーの代わりに、車外カメラで後方を映し、車内のモニターで確認する「ミラーレス車」の開発が進められています。

ミラーレス

ミラーレス車のメリット

ミラーレス車には、死角になりやすい箇所を確認できること以外にもメリットがあります。

視野が広がる

夜間・暗い場所では、車外の様子を確認する際に不便を感じませんか?ミラーレス車の場合、カメラの感度を調整することで明るくなり、安全に走行することが出来ます。

接触防止に繋がる

狭い道での走行で困らされる車幅もドアミラーが無くなることで運転もしやすくなります。前まではいちいち折りたたみ走行していた手間も省けます。

騒音がなくなる

サイドミラーが無くなることにより、空気抵抗(エアロダイナミクス)が削減し、風切音も今までよりも減少することになります。

軽量化=燃費向上

二酸化炭素(CO2)の排出量削減され燃費の向上が期待されると同時に車体における軽量化にも繋がります。

BMWi8_0

画像出典:bmwblog

その他、従来横に突き出たドアミラーが排除することが出来るので、デザイン自由度の幅は格段に上がるメリットもあります。

ミラーレス車のデメリット

安全性を高めることができるミラーレス車ですが、まだまだ不安材料も多く見受けられます。
具体的には、カメラとモニターを連動することによって避けられない「タイムラグ」です。運転時には僅かな判断遅れでも命に関わる事故になることから、タイムラグは改善しなければならない課題です。また、雨が降っているなど天候によるディスプレイ表示に乱れが発生するなど、いくつかのデメリットもあるようです。

故障した場合

もしも運転時に故障が発生したら、当然大きなトラブルに発展してしまいます。デジタル化を進める中では性能を確実なものにするのは必須条件となります。

目が疲れる

今まで自然光など反射していたミラーと違い、モニターの場合は自然光ではないため夜間でも常にモニターは映っている状態です。暗い車内でも映像が必要以上に明るいため、これまで以上に目が疲れる可能性は高いです。

価格が高い

高機能なカメラやディスプレイを使用するので、販売価格は高くなる傾向にあります。まだまだ開発途上の段階にあるため今後改善の余地はありますが、現在は懸念の一つに挙げられます。また、盗難の恐れなどもあることから、現時点ではまだ様々な課題が残っている状況です。

BMWが公開したミラーレス車「i8」動画

画像出典:youtube
画像出典:youtube

公開されているミラーレス車の紹介

テスラ「モデルXコンセプト」

テスラ ミラーレス

画像出典:carrrsmag

▲2012年に先陣を切ってテスラ・モーターズがミラーレス車を発表しました。サイドミラーをカメラにすることで、公道での走行を目指した代表的なミラーレス車です。

BMW「i8」

BMW i8 ミラーレス

画像出典:bmwblog

▲2017年1月に披露したi8をベースに開発されたコンセプトカー。ドアミラーとルームミラーの代わりに、3台のカメラを装着し、ディスプレイのシステムはカメラの画像を評価し、危険を察知すると黄色の警告マークで警告します。

レクサス「LF-FC」

レクサス ミラーレス

画像出典:newsroom

▲レクサスが打ち出したコンセプトカーは燃料電池車として紹介され、こちらもミラーレスを実現してます。

日産「Gripz Concept」

日産 ミラーレス

画像出典:autoblog

▲新型SUVのコンセプトカーは、フェアレディZの後継モデルとされていますがこちらも完全にミラーはありません。2017年のミラーレス車解禁に合わせたモデルです。

ポルシェ「918スパイダー」

ポルシェ 918 01

画像出典:wikipedia

▲サイドミラーの替わりにカメラを装着されていますが、少し違和感があるデザインになっています。

ミラーレス車に関するクチコミ情報

ミラーレス車のこれから

ミラーレス

画像出典:ibtimes

ミラーレス車の一般化に向けて、各メーカーが開発を進めていますが、ミラーレス車は「本当に安全なのか?」「危険ではないのか?」という不安要素はまだ払拭できていません。今まで「目視」で行っていた安全確認を、ミラーレス車特有の「映像」で行うとなると、慣れるまでに時間がかかりそうですね。
まずは各メーカーが信頼できるミラーレス車の性能・環境づくりを構築することが急務となり、さらに補填・補償制度についても取り決めが必要になるでしょう。ミラーレス車の普及までにはしばらく時間がかかりそうです。

記事出典:lowlowlow
買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする