メルセデス1970年代の名車!今でも美しいR107型メルセデス・ベンツ 500SLが販売中

 
メルセデスのエレガントなデザインでどの時代も人々を魅了するメーカーですが、そのメルセデスのモデルの中でも、特にスモールキャビンによるエレガントな美しさにて1970年代に人気を集めたメルセデス・ベンツ 「500SL」が長い歴史を超え、今になって販売をされています。

R107型メルセデス・ベンツSLとは?

R107型メルセデス・ベンツ 500SL

R107型メルセデス・ベンツSLは、SLとして3代目となるモデルで、直列6気筒2.8リッターからV型8気筒5.6リッターエンジンまで多岐にわたるエンジンをラインナップしました。

R107型メルセデス・ベンツ 500SL

登場初年度は1972年、それから1989年までの長きにわたって製造販売されました。

R107型メルセデス・ベンツ 500SL

この中でも1986年から1989年のモデルはW124型ミディアムクラスのブレーキを含む足回りを流用するなどのアップグレードが図られています。

今回のメルセデス・ベンツ「500SL」

R107型メルセデス・ベンツ 500SL

今回のモデルは1989年式、まさに最終年の500SLで、エンジンルームには242馬力を発揮するV型8気筒5リッターエンジンが搭載されています。

R107型メルセデス・ベンツ 500SL
オドメーターの表示は965マイル(1,544km)と、殆ど乗られていなかったようです。動かなさ過ぎるのも調子が悪い原因となりますので、オドメーター表記が少なければ少ないほど良いというものでもありませんが。

R107型メルセデス・ベンツ 500SL
エクステリアはもちろん、インテリアの状態も良好です。

R107型メルセデス・ベンツ 500SL

これらの状態の良さと、やはりこの年代の車自体の評価が高まっていること、その美しさへの再評価も含めて販売価格は約1,350万円となかなかの高額です。世代を超えても評価をされる車、メルセデス・ベンツの凄さを感じます。

R107型「500SL」を動画で確認

記事参照元:CARSCOOPS

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする