ランボルギーニVSフェラーリ!壮絶なスーパーカーの歴史を振り返る

 
世界を代表するスーパーカーブランド『フェラーリ』と『ランボルギーニ』。両社ともに同じイタリアで誕生していることもあり時代ごとに比較され、歴史を語るには切っては切れない関係となっています。今回はそんな跳ね馬フェラーリVS猛牛ランボルギーニの歴史を振り返ってみました。

そもそも、誕生はいつ?

フェラーリ

1929年にエンツォ・フェラーリが友人と一緒にアルファロメオのセミワークスレーシングチームとして、フェラーリの全身レーシングチーム「スクーデリア・フェラーリ」を設立したことが始まりです。
設立者のエンツォ・フェラーリは実際にレーシングドライバーとして活躍している傍らエンジニア・ビジネスにも長けた一面を持ちあわせており、第二次世界大戦後1947年に社名を現在のフェラーリに変更しすぐに成功への階段を駆け上っていきました。
なお、優れたエンジニアであったこともあり創業初年度にレーシングスポーツ「125S」を製造しており、翌年からもコンスタントに新車種を追加していきました。

Ferrari_125_S

画像出典:wikipedia

ランボルギーニ

1962年にフェルッチオ・ランボルギーニにより設立されたランボルギーニ。
第二次世界大戦後、高性能トラクターを開発しすでに巨額の財を設立以前に築きあげており、フェラーリやマセラティといったスポーツカーを好んで所有していたことでも知られています。
そのフェルッチオ・ランボルギーニが、フェラーリを超える世界一のスーパーカーを作りたいということで設立されたのが同社の始まりです。
一説では、フェラーリに使用されていたクラッチ部品がトラクターと同じものを使用しているのに10倍以上の値段が付けられており、そのことがきっかけに「フェラーリを超えるクルマを作る」という反骨心より設立をしたとも言われています。
1964年に発表をした「350GT」はフェラーリを凌ぐクルマとして評判を呼び、設立理由からすでにフェラーリとの競争は始まっていました。

lamborgini_350gt

画像出典:wikipedia

【1960年代】フェラーリ 275GTB VS ランボルギーニ 350GT

1964年にフェラーリが250GT系の後継車種として世に送り出した『275GTB』、そしてランボルギーニが初めて販売を行った『350GT』。
ランボルギーニが初めて世に送り出した350GTは、V型12気筒3497CCで270馬力の当時としては驚愕のスペックでフェラーリを上回っていました。

Ferrari_275
▲64年 フェラーリ 275GTB

画像出典:wikipedia

lamborgini_350gt
▲64年 ランボルギーニ 350GT

画像出典:wikipedia

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする