世界で最も速いクルマランキング ベスト10【2016年最新版】

 
毎年のように各社趣向を凝らしたスーパーカーが発表されていますが、結局のところ歴代で最も早いクルマって何なの?って気になる方もいるのではないでしょうか。今回は『歴代スーパーカー 最高時速トップ10』をお届けします!

技術・デザインともに各社趣向を凝らしたスーパーカーが次々に発表されていますが、スピードが早くなければスーパーカーとは呼べない!なんて方も多いでしょう。今回は歴代で最も早いクルマは何なのか、ご存知でない方や気になる方がいらっしゃるかもしれません。

そんな読者のために今回ご紹介させていただくのが『歴代スーパーカー 最高時速トップ10』です。10位から順に見ていきます。

第10位 ゼンヴォ・ST1 最高時速:375km/h

2009_Zenvo_ST1

画像出典:wikipedia

2013年11月に行われたドバイ・モーターショー13で量産モデルが初公開されると、翌2014年3月のジュネーヴ・モーターショー14にて公開されました。イギリスでの価格は66万ポンド(2014年10月9日時点のレートで、日本円では約1億1,500万円)となり、15台しか製造されていない希少価値も高いスーパーカーです。

第9位 マクラーレン・F1 最高時速:391km/h

McLaren_F1

画像出典:wikipedia

20年以上前の1992年に発売となったマクラーレンF1がランクイン。「究極のロードゴーイングカー」として歴史に名を残すスーパーカーのコンセプトのもと製造された、フルカーボンファイバー製のボディを持つスーパーカー。ドライバーの座席はレーシングカーさながらに車体の左右中央に座るというレイアウトで、同乗者はその左右に1名ずつ座るという特殊なレイアウトになっており、市道向けではないようです。全部で64台しか生産されていない希代の名車ですね。

第8位 ケーニッグゼグ・CCX 最高時速:395km/h

Koenigsegg_CCX

画像出典:wikipedia

スウェーデンが誇るスーパーカーブランド「ケーニッグゼグ」のCCXがランクイン。2006年2月のジュネーヴ・モーターショーにて正式発表され、外側にせり出し上に持ち上がるという変わった機構を持ったラプタードアで話題になったモデル。スペックも脅威的で、4.7LV8DOHC+ツインスーパーチャージャーのエンジンで、806hp(817PS)/6,900rpmという高出力を発生し、0-100km/h加速3.2秒、最高速度395km/hを誇ります。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする