MIRAIに続くか!?ホンダが新型FCV「CLARITY FUEL CELL」を米国で発売

電気自動車(EV)に関するニュースや発表が相次ぐなか、国内ではトヨタの「MIRAI」以降これといった報道を耳にする機会も少なかったFCV関連で新しいニュースが入ってきました。

今回はホンダが新型FCVの『CLARITY FUEL CELL (クラリティ フューエル セル)』を2016年末までに米国での販売を開始するとワシントンD.C.オートショーにて発表されました。
現状、FCV市場はトヨタが既に発売している『MIRAI(ミライ)』の一人勝ち(相撲)のフィールドになりつつありますが、『CLARITY FUEL CELL (クラリティ フューエル セル)』の出現によってFCVが次世代燃料自動車のシェアをどの程度獲得をできるのか非常に楽しみです。

早速、ホンダが送り出す『CLARITY FUEL CELL (クラリティ フューエル セル)』について詳細を見ていきましょう。

ホンダ CLARITY FUEL CELL

honda_fcv_hydrogen_fuel_cell_exterior_side2

ガソリン車と同等の使い勝手とFCVならではの魅力を高次元で融合し、将来にわたってFCVのベンチマークとなりえる高い価値をもったセダンです。搭載している燃料電池スタックはHonda独創の技術により従来に比べて33%の小型化を図りながら、出力は従来比で約60%の向上を実現。燃料電池パワートレインをV6エンジンと同等サイズまでコンパクト化し、世界で初めてセダンのボンネット内に集約しました。これにより、大人5名が快適に座れるゆとりあるフルキャビンパッケージを実現しています。
また、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減により、FCVトップクラスの一充填走行距離482キロ以上達成。一回あたりの水素充填時間は3〜5分程度で、ガソリン車と変わらないほど補給は早いようです。
また、驚きなのが初年度の販売方法。
車両価格は60,000ドル(日本円で約700万円)と競合であるトヨタ「MIRAI」の57,500ドル(日本円で約680万円)と大きな差はありませんが、販売方法としては初年度はリースのみでの販売を行うこと。

月額のリース料金はなんと500ドル以下(日本円で約6万円)と従来よりもかなり手に届きやすい価格での販売開始が予定されています。次期燃料としてFCVを普及させて、より身近なものにしたいという戦略がなのでしょうね。担うクルマとして人気を出せるのか注目です!

紹介MOVIE

記事参照元:ホンダ ニュースリリース

画像出典:米国トヨタHP

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする