BMW 新型「Z4」最新ティザー画像が公開!Z4初披露は8月のペブルビーチ?

 
BMWの人気スポーツカー「Z4」が新型モデルとして2018年に登場へ!BMW新型「Z4」は、フロントフェイスの一部が既に明らかになっており、フロントグリルにはメッシュタイプが装着。バンパーエアダクトには上下分かれたようなデザインが採用されています。トヨタの新型「スープラ」を兄弟車に持つBMW「Z4」の最新情報をお届けします。

BMW新型「Z5」トヨタ「スープラ」との共同走行を目撃

2017年3月07日

トヨタと共同開発を進めているBMW「Z5」ですが、今回はトヨタ「スープラ」とテストを行っている姿がキャッチされました。

兄弟車となるトヨタ「スープラ」とテストを行った新型「Z5」は、ルーフを開閉する様子が捉えられており、2+2シートレイアウトを採用していることが新たに判明。偽装の可能性もあるかもしれませんが、この仕様が確定するとなれば2シーターのオープンモデルだった先代「Z3」「Z4」から大きく変更されることになります。また、フロントグリルを始めエアインテークやスポイラーにもデザインの変更が施されていることから、方向性を変えた大幅なモデルチェンジが予想できます。
トヨタのハイブリッドシステムを積む「Z5」はどのような仕上がりになるのでしょうか?「スープラ」との違いも含めて気になるところです。なお、新型「Z5」の販売開始時期は2018年以降になるとのことです。

Z5 ニュース

画像/記事出典:superstreetonline

BMW新型「Z5」の新たなプロトタイプが登場

2017年1月27日

BMW「Z4」の後継モデルとなる新型「Z5」のプロトタイプが新たにキャッチされました。

トヨタとの共同開発モデルとして話題を呼んでいる新型「Z5」のプロトタイプですが、今回キャッチされた姿を伺うと、これまで見ることが出来なかったリアコンビネーションランプ、トランクリッドのデザインが確認することができます。また、この新型「Z5」では電動開閉式となるソフトトップをルーフに採用し、従来モデルから大きく軽量化されるとのことです。
パワートレインには、2リットル直列4気筒ターボと直列6気筒ターボの2モデルを用意することが噂されており、よりスポーティーなグレード「Z5 M」では最高出力425psというハイパフォーマンスな走りを実現するとされています。2017年に初披露を予定している新型「Z5」ですが、カモフラージュのない姿に期待が集まります。

BMW Z5

画像/記事出典:wheelsmag

BMW「Z4」後継モデルの「Z5」テスト走行の姿をキャッチ

2016年09月26日

トヨタと共同開発をしているBMW「Z5」ですが、先日ニュルブルクリンクサーキットにて、そのテスト走行の姿がキャッチされました。
「Z4」の生産が終了のニュースが出た直前だけに、その走行性能に期待が高まります。

姉妹モデルであるトヨタ「スープラ」も同所にてテスト走行されたばかりで、姉妹でどちらが先の登場となるのか注目です。

出典:youtube

トヨタと共同開発中の「Z4」後継車 BMW「Z5」のスクープ映像

2016年04月21日

BMW「Z4」後継車の北ヨーロッパにおける耐寒テストの模様の様子がスクープされています。車名については新たにZ5になると予想されており、プラットフォームについては次期トヨタ「スープラ」と共用する予定です。

BMW Z5

BMWとトヨタはスポーツカーの共同開発についてアナウンスしており、その登場が待たれています。「スープラ」後継車についてはコンセプトカー「FT-1」のデザインエッセンスを取り入れて登場するとも言われていますが、肝心の開発状況についてはあまり聞こえてきません。

BMW Z5

今回、その「スープラ」のベースともなる「Z5」のテストの模様が捉えられたところをみると、プラットフォームの開発についてはBMWが主導権を持っているか、もしくはノウハウの豊富なBMWに基本開発を任せているかのどちらかなのかもしれません。
もちろんトヨタは同様のテストを士幌のテストコースで極秘で行っているため外部に情報が漏れてこないことも考えられます。

BMW Z5

テスト車両には偽装が施されていますので細部のデザインは確認できませんが、ロングノーズ・ショートデッキのシルエットである事は理解できます。キャビンの大きさから2シーターであることは、「Z4」と共通です。
テスト車両のテールライトは丸型のものが装着されており、当然、実車とは異なると思われますが、このところの次期5シリーズ、次期3シリーズのテスト車両も含めて最近のBMWのテスト車両に共通な意匠のようです。

BMW Z5

搭載されるエンジンは4気筒ターボエンジンに加え、6気筒エンジン搭載車も用意される見込みです。

BMW Z5

「Z4」は現行型が2009年の登場から7年を経過しており、2018年までにはフルモデルチェンジされるのではないかと予想されています。
別の情報ソースによれば年内の早い時期にも何らかのアナウンスがあるのではないかという予測もあります。

販売台数も一時に比べこのところ低迷しており、レース用のベース車両としても「M4 GT3」から「M6 GT3」に移行していることから、意外と早く市販車の姿を見ることが出来るかもしれません。

記事参照元:caradvice
http://www.caradvice.com.au/

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする