アルピーヌ新型「A110」2018年夏に日本上陸へ!レーシングカー「A110カップ」も発表

 
アルピーヌ「A110」は、第1回世界ラリー選手権を制覇するなど伝説的なスポーツカーとして知られている名車の一つです。2018年の夏には見事に復活を遂げた新型モデルが日本にも上陸しますが、それを前に新型「A110」ベースのレーシングカー「A110カップ」が発表されました。アルピーヌ新型「A110」の最新情報をお伝えします。

ニュース

アルピーヌ新型「A110」をベースとしたレーシングカー「A110カップ」を発表

2017年12月5日

アルピーヌは、新型アルピーヌ「A110」をベースとして開発したレーシングカー「A110カップ」を、発表しました。レース専用車のアルピーヌ「A110カップ」の価格(税込)は、10万ユーロ(約1330万円)です。

アルピーヌA110カップ

画像引用:Alpine

パワートレインには、1.8L直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。トランスミッションには、パドルシフト付き6速シーケンシャルを、ユニットには、ルノー・日産アライアンスが開発し、アルピーヌとルノースポールが共同でチューニングしたものを採用しました。最高出力は、市販モデル255psから18ps強化された273ps、最大トルクは32.6kgmを発揮します。

アルピーヌA110カップ

画像引用:Alpine

車両重量は、市販モデルの1080kgから30kg軽量化を実現した1050kg、パワーウエイトレシオは3.9kg/hpです。レース専用のブレーキやサスペンションを装着し、タイヤはスリックに、ロールケージなど安全装備も徹底して盛り込まれました。

そして、アルピーヌ新型「A110」が2018年の夏に日本初上陸することが分かりました。今後も目が離せませんね。

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする