ドローン付き自動運転車『ETOS』を発表!CES2016の目玉となるか!?

数ヶ月前にも、スイスの自動車メーカー「リンスタート」がドローン付き自動運転車が2016年に発売されるかもという記事をアップしていたのですが、噂ではなく本当に実現しそうです!
予定通りではあるのですが、2016年1月開催のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)にて公開が予定され実車イメージも公開されました。
過去記事:https://carnny.jp/597

rinspeed-etos-01

『ETOS』と名付けられたこのクルマは、BMW『i8』をベース車両とのこですが、フォルム以外は全て改良を加えられているよう見受けられます。
肝心のドローンについては、トランクルームあたりに陣取っており、近未来感なイメージが強いです!
rinspeed-etos-18
▲ドローンの役割としては、自動運転時交通状況把握を目的として、車体はドローンに追従させるさせる形で運転される。

また、注目なのが内装です!i8の面影は全くなく、大型ディスプレイが2画面大きく配置され、ハンドルも収納される仕様となり、今日のクルマとはかけ離れたものとなっています。
rinspeed-etos-44
▲大型なディスプレイが2面

rinspeed-etos-32
▲ディスプレイには、様々な情報を流せる模様。
rinspeed-etos-29
▲完全自動運転のため、ハンドルを握る必要は無い。

ドローンの誤作動はないのか?セキリティは大丈夫なのか?などどこまで実用的なものとなるかは現段階では不明ですが、一歩先をいく自動車として非常におもしろいクルマかと思います。

リンスタート『ETOS』

rinspeed-etos-11

rinspeed-etos-04
rinspeed-etos-24

rinspeed-etos-20
rinspeed-etos-13

テクノロジーが進化することにより、自動車開発の間口が広がり様々な企業が参加をするようになりましたが、発表の機会もこれまでのモーターショーでの発表とは違う、テクノロジーサミットでの発表も今後多くなのでしょうね!車体開発(ハード)の時代から技術開発(ソフト)の時代へと自動車業界も一気に時代が進んでいくのでしょうね!
また、CES開催後レポート致します!

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする