お洒落な国も大雑把!?フランスの自動車文化

今回は日本から遠く離れていながら憧れる日本人が多くいて人気の根強い国、フランスの自動車事情をお届けします。

フランスの国は右ハンドルの車が多く走っている右側通行の交通文化を持った国です。日本の東京に限ったことではありませんが、フランスのパリでも渋滞はよく発生します。都市であるからという理由もありますが、パリの自動車交通を表すキーワードになっています。またそのせいかアメリカを中心とした欧米諸国の自動車は大きければ大きいほど良いという価値観が存在しますが、パリでは小型車が人気です。

f2

その小型車が走っているのを街中で見かけることもできますが、パリの街中ではもうひとつ見ることのできる光景があります。それは路上駐車です。街の中の通りではずっと遠くまで自動車が並んで泊まっている光景を見ることができます。
どういった光景なのかすぐイメージできた方にはわかると思いますが、縦列駐車なのです。

f6

日本にいても教習所で自動車の実技を習うとき、決まって多くの人が口を揃えて嫌だというあの縦列駐車をパリの街ではギュウギュウに詰めて行わなければなりません。オートマでしたらまだ随分と楽かもしれませんが、マニュアルでは相当馴れていないと大変だということが運転をしたことがある方なら分かるはずです。

ここでパリの生活に詳しい方ならばご存じかもしれませんが、パリの自動車は結構傷がついていることが多いです。それはいたずらではなく、こういった縦列駐車から自分の車を抜けさせようと思ったとき、前後の車にぶつけながら出ていくのが普通なのです。
日本でこれをやった場合は警察が来て大変なことになりますが、パリではなんともありません。フランス人からすると怪我で負傷していないのだからそれほど気にすることではないという感覚なのかもしれませんね。

f5

今回はフランスの自動車事情についてお届けしました。価値観の違いが交通のルールに直結していてとても面白いですね。みなさんもフランスに行かれたときはよく見てみてください。

f4

世界各国の自動車事情まとめ

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする