未来を走るクルマ「mirai」をご紹介

2014年12月、トヨタの燃料電池自動車「mirai」が発売され、非常に話題となりました。発売からもうすぐ1年が経とうとしており、既にアメリカでも米国トヨタからmiraiが販売されています。
最近では人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」で、マツコ・デラックスさんが実際にmiraiを作る工程を見学し、試乗しています。

maxresdefault

そもそも燃料電池自動車というと、電池で動く車かと勘違いされがちですが、このmiraiはガソリンの代わりに水素で動く究極のエコカーなのです。
仕組みを簡単に説明すると、タンクに詰められた水素と空気中の酸素が結合することで発電し、車が走ります。水素がガソリンの代わりなので排ガスが発生せず、地球上に無数に存在する水素を使って動く、堂々たるエコっぷりです。

miraiが発表されたとき、この車のすごさに、世界中の車業界が驚きました。その理由は、この燃料電池自動車が723万円というコストダウンを達成できたことです(この手の車は、少なくとも1,000万円以上すると言われていた)。エコカー減税なども活用することで、実際には520万円程度にまで購入価格を抑えられます。
また、この水素によって発電する燃料電池のシステムを、乗用車に積めるほどコンパクトに作られた技術は、類をみないほどのものです。

carlineup_mirai_top_02

出典toyota.jp

肝心の乗り心地についても決して違和感は感じず、なめらかに加速する、ごく普通の乗用車として運転できます。元来こういった燃料電池にはどうしても雑音が発生しがちでしたが、miraiにはそういった音がシャットアウトされており、軽快な加速音だけが響きわたります。

このような魅力あふれるエコカーですが、機械での流れ作業ではないので、一日に3台しか作れない状況です。さらに、水素を補給するための水素ステーションも、都心を中心に設定されているだけで、まだまだ数は多くありません。
「ミライ」という名称は、「クルマの、地球の、そして子供たちの未来のために」という思いが込められています。まだまだ課題はありますが、この車がエコカーとして、未来を走る車になる日が来るのではないでしょうか。
Quality_Gate_1

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする