ヘネシー・ヴェノムGTの次期モデル、そのモンスター性能をご紹介

クレイジーと呼んでも事足りないヘネシー・ヴェノムGTですが、ヘネシーパフォーマンスは更なる性能の強化を目指しているようです。

アメリカのテキサスを本拠地とするテネシーは、2016年モデルのヘネシー・ヴェノムGTをSEMAショーにて公開する予定だとのこと。7.0リットルV8エンジンのE85のフレックス燃料での走行を可能にした事で、合計1451HPと以前のバージョンから207HPの性能の向上に成功したとされるヘネシー。
同社はヴェノムGTの世界最速の車としての位置づけを守るため、次のモデルでは280mph(約450km/h)以上、60mph(約97km/h)までは2.4秒、100mph(約160km/h)まで4.4秒、200mph(約322km/h)まで12.8秒との推定値を出しています。


02-hennessey-sema-2015

そして何より忘れてはならないのが、この車がマニュアル車であるということ。この1,500HPの軽量ハイパーカーを運転するのは決して簡単なことではありません。
「2016年にはヴェノムGTの生産も継続していきますが、次の段階であるヴェノムF5への準備も行っています。」というヘネシー。「直線での加速のみならず、ラップタイムでのパフォーマンス面でも我々の技術の向上を示したいと計画しています。」


03-hennessey-sema-2015

04-hennessey-sema-2015

ヘネシーは他にも同じブライトイエローでペイントされた、774HPスーパーチャージド・マスタング、そして650HPのヴェロキラプトル650 F-150を公開する予定だそうです。


05-hennessey-sema-2015

12-hennessey-sema-2015

11-hennessey-sema-2015

10-hennessey-sema-2015

09-hennessey-sema-2015

08-hennessey-sema-2015

07-hennessey-sema-2015

06-hennessey-sema-2015

Amazonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント