ただ移動するだけでない!トヨタが公開する新型車のスケールがデカイと話題!

兼ねてより、トヨタがFCV車に力を入れていることは『MIRAI』をはじめ既にみなさんも周知のところとはおもわれますが、新たな燃料電池自動車(FCV)を東京モーターショーで世界初公開するようです。
その名も、『TOYOTA FCV PLUS(FCVプラス)』。
TOYOTA_FCV_PLUS_003_s

近未来的なイメージでなんともコンセプトカーらしい風貌ではありますが、コンセプトが今後のトヨタの方向性を思わせるものですね。
トヨタは以下のように紹介をしています。

水素エネルギーが普及したサステイナブルな社会。そこでは、様々な一次エネルギーからクリーンに水素が生成され、エネルギーの地産地消が広がる。燃料電池自動車(FCV)は、単に移動するためにエネルギーを消費するだけではなく、社会に分散する電源ともなる新たな役割を担う。エコカーからエネカーへ、もっとクルマが愛される存在になる将来の燃料電池自動車コンセプト
水素から電気をつくる
搭載された水素タンクに加え、地域で生成され蓄えられた車外の水素からも直接発電が可能。自宅や移動先でも安定した電力の供給源へと変身
つくった電気を社会にあげる
駐車中など移動手段として利用していない時、発電機能を社会と共有。社会インフラの一部として、地域社会に貢献
発電を未来につづける
クルマとしての機能の枠を超えてFCスタックを発電装置として再利用。様々な地域で多様に活用され、地域社会に貢献

見た目が優先されがちだったクルマですが、ただ移動するだけじゃないクルマの新しいあり方が創出されすで実に面白いクルマですね!

▼『TOYOTA FCV PLUS(FCVプラス)』
TOYOTA_FCV_PLUS_007_s

TOYOTA_FCV_PLUS_006_s

TOYOTA_FCV_PLUS_005_s

TOYOTA_FCV_PLUS_008_s

TOYOTA_FCV_PLUS_002_s

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする