遂にベールを脱いだ新型プリウス、そのディテールに迫る!

プリウスのオフィシャルフォト

もはや数々のスパイショットや予想イラストにて、それほどの新味は感じられないかもしれませんが、新型プリウスのオフィシャルフォトが届きました。ここでは各部のディテールに迫り、現行型との違いを確認してみましょう。

まず、外観については予想された通りの特徴的なヘッドライトとリアコンビネーションランプを装着して登場しました。しかしそのオフィシャルフォトからは、スパイショットとは異なった雰囲気も感じられます。それらは解像度の高い写真のせいかもしれませんが、フロント周りについてはオーリスなどと共通のデザイン言語「キーンルック」を基にデザインされているのが確認できます。
スパイショットではプレーンな面構成に、ヘッドライトのデザインで新味を感じさせているように見えましたが、これのオフィシャルフォトではより立体的にも感じられ、ボンネットのプレスラインやフロントフェンダーとサイドからのキャラクターラインが織り成す造形は、かなり複雑な面構成になっているのが確認できます。
2

1
 
リアフェンダー周りについてはほぼ予想通りのデザインとなっておりますが、こちらもやはり面構成は凝った造形を採用しています。特に、コンビネーションランプの横やバンパーサイドを張り出したように造形するのはLEXUS RCなども含めて最近のトヨタの(LEXUSのデザインスタジオは別とはいえ)トレンドなのかもしれません。
また、サイド下部、そしてリアドアセンターからリアにかけてなど凹面を用いて立体感を強調しているのも現行型には見られない特徴です。
3

インテリアの変更

そして、想像以上に進化しているのがインテリアです。特に、素材やカラーリングはかなり吟味されているように感じられ、質感が低いという汚名返上に向けて力が入れられているようです。
スパイショットではプロトタイプだからか!?と思われたセンターコンソール周りのホワイトパーツも正式部品として採用されているようです。また、地味な印象だったメーターパネルのデザインも色彩豊かなものとなっており、それに伴って視認性も向上しています。
4

5
更に、ドライバーとパッセンジャーをわける高いセンターコンソールはプリウスαのような、より一般的なものへと改良されており、開放感が向上しているようです。
6

このように細部にわたって観察するとそのディテールは大きく異なっているのがわかる新型プリウス、日本では年内の発売が予想されています。

出典autocar

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする