アストンマーティン・DB9がジェームズ・ボンドコラボモデルを発売!世界限定150台!

2015年9月2日、アストンマーティンが今冬に公開予定の映画007の最新作『スペクター』を記念して、ジェームズ・ボンドのコラボレーションモデル「DB9 GTボンド・エディション」の販売の開始を発表した。

bond-front-three-quarter-comp-lo-resaa
img_0202_retouched_new-lo-resaa
db9gt_bond_interior_detail_005_new2-lo-resaa
interior-cropaa
6.0リッターV12エンジンを搭載するグランドツアラーの全身は、専用のスペクター・シルバーにペイントされ、フロントとリアには純銀製アストンマーティン・バッジと上品な“007 Bond Edition”エンブレムが施されます。
インテリアでは、シリアルナンバー入りシルプラークには、お馴染みの007ロゴ、2+2リアシート・ディバイダーにはガンバレル(砲身)の刺繍が施され、AMi IIタッチセンサー付きアストンマーティン・インフォテインメント・システムのスタートアップ画面にも、ボンド・エディション専用の工夫が施されています。
また、この限定モデルには他にも付属アクセサリーが付き、それが『オメガ・シーマスター』。付属品としては、なんとも豪華ですね!
06_Aston_Martin_DB9_GT_Bond_Edition
▲オメガ製Seamaster Aqua Terra 150mジェームズ・ボンド・エディション・ウォッチ(専用アストンマーティン・ストラップ付き)

ファンには堪らないこのコレクターズアイテム、全世界でオーダーを受け付け開始しており、購入のチャンスがあります。価格は165,000ポンド(約3000万円)。

ちなみに最新作『スペクター』の劇中に登場するアストンマーティンは、ジェームズ・ボンド専用車として特別に制作された「DB10」です。
DB10は市販予定が無いモデルのようなので残念ですが、せめて予告編でお楽しみください!

▲映画『007 スペクター』最新予告編

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする