車の給油ランプは点灯後どのくらい走れる?ガス欠時の対策と合わせてご紹介

 
給油ランプ点灯後は"すぐにガス欠を起こしてしまう..."という認識がありますが、実は給油ランプが点灯した後も一定距離は走行可能です。しかし車種によってバラつきがあるため、取扱説明書を一度確認しましょう。また、ガス欠を起こした際はパニックにならず、落ち着いて対処することが肝になります。今回はガス欠を起こした際の対処法や給油ランプなどについて解説していきます。

給油ランプが点灯してからどのくらい走れる?

ガス欠 

画像出典:flickr

給油ランプが点灯した後も一定距離は走行可能です。しかし車種によってバラつきがあるため、取扱説明書を一度確認しましょう。またガス欠を起こした際はパニックにならず、落ち着いて対処しましょう。今回はガス欠を起こした際の対処法や給油ランプなどについて解説します。

給油ランプが点灯しても約50kmは走行可能

給油ランプは、ガソリンが残り10L程度(【平均数値】軽自動車:5~8L/普通車:8~12L)になった時点で点灯します。車種にもよりますが、給油ランプが点灯した後も約50kmは走行可能と言われています。

また基本的に、高速道路のSA間距離は最大50kmと定められています。「高速道路上でのガス欠」という危険状況が発生しないよう、まだ余裕のある内に給油ランプが点灯する作りになっています。なお外車については、ガソリン残量がギリギリの状態で給油ランプが点灯するため注意が必要です。

給油ポイントが50km以上無い場合も

しかし中には、例外的に給油ポイントまで50km以上離れている区間もあります。そのような区間を走る際にはしっかり給油した後に運転しましょう。ちなみに、以下の区間では100km以上給油ポイントがありません。

100km以上給油ポイントが無い区間 「宮原SA先~鹿児島」(約110km)
「宮原SA先~宮崎」(約140km)
「金立SA先~長崎」(約100km)

取扱説明書を読んでおこう

取扱説明書には給油ランプが点灯するタイミングについて記載されています。取扱説明書を一度確認して普段の燃費と合わせて計算しておくと、いざという時にも冷静に対処できます。

ガス欠の予兆とは?

ガス欠 給油ランプ

画像出典:flickr

まずアクセルの反応が悪くなり、強く踏み込んでも加速反応が鈍くなります。次に車体が前後にギクシャクし、スロットルを開けても反応しなくなります。そして徐々にスピードが落ちて止まってしまいます。

ガス欠は車体にも悪影響

ガス欠を起こすと車体内部の潤滑性が失われるため、摩擦熱などによる故障が発生する可能性が高まります。特に燃料ポンプやバッテリー、スターターモーターなどは大きくダメージを受けます。日頃からガソリンを切らさないように注意しましょう。

ガス欠を起こした際の対処法

ガス欠 給油ランプ

画像出典:flickr

車体を揺らす

ガス欠の際には車体を左右に揺らすことで改善する場合があります。しかしこれは気休め程度の対策です。もし成功しても1km程度しか走行距離は伸びません。

エンジンを再始動する

ガス欠の際には10分程おいた後にエンジンを再始動すると、少しだけ走ることがあります。しかしこれも気休め程度の対策です。

ロードサービスを呼ぶ

ガス欠の際にはロードサービスを呼ぶことをおすすめします。可能であれば路側帯や駐車場などの安全な場所で停車して到着を待ちましょう。ちなみに、JAF会員であれば無料でサービスが利用できます。中には任意保険に付属しているものもあります。

なお有料でサービスを利用する際には以下の費用がかかります。高速道路の場合は、さらに罰則で2点減点された後に反則金9000円を支払う必要があります。高速に乗る前にはしっかり給油しておきましょう。

JAF作業料金

一般道料金 8,000円+燃料代
高速道路料金 16000円+燃料代
画像出典:youtube

ガソリンスタンドまで車を押す

ガス欠の際にガソリンスタンドが近くにあれば、車を押して移動する方法も有効です。もしガソリン携行缶の貸し出しサービスを行っているガソリンスタンドであれば、携行缶にガソリンを入れて給油する方法も有効です。なお、押して移動する際にはギアをN(ニュートラル)に入れましょう。

【番外編】実は水でも走れる?!

ガス欠になった時は”水”をガソリン代わりとして利用する方法があります。これは、ガソリンタンク内に1ℓ程の水を入れることで、タンク内に残ったガソリンを燃料ポンプに吸い出すことができるため、わずかながら走行できるというもの。”ガス欠で車が動かない”というピンチを回避することができますが、エンジンの不具合や故障の原因になるため、この方法は最終手段として利用する方がいいかもしれません。

ガス欠に関するクチコミ情報

ちなみに、手持ちにお金がない最悪のケースもあるかと思いますが、その場合は加入している自動車保険会社に電話で相談してみましょう。多くの保険会社には無料で10Lの給油サービスを行なっているので、ガス欠時は迷わず利用したほうがいいです。

まとめ

給油ランプが点灯した後も一定距離は走行可能です。もしガス欠で車が停車した際には、パニックにならず落ち着いて対処しましょう。そして日頃からこまめな給油は忘れないよう注意しましょう。

関連まとめ記事

買取より高く売りたいなら個人売買

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする