車のナンバー「358」はなぜそんなに人気が高いのか?その理由を解説

 
車の希望ナンバーで「358」が人気が高いのを知っていますか?「358」は誕生日でもないのになぜと思う人がほとんどでしょう。今回はこの謎のナンバー「358」の人気が何故高いのかの理由に迫ってみました!この数字には知られざる効果があった!?

なぜ「358」・・・!?

358

「358」が特別な数字だということが一番はっきり記されているのが聖書です。聖書の中で「666」は悪魔の数字、「358」は聖なる数字とされているそうです。また、徳川15代将軍の中で初代と末代以外でよく知られている名前といえば「3」代家光、「5」代綱吉、「8」代吉宗です。また西遊記の3人の妖怪は「3」沙悟浄「5」悟空「8」八戒であったり、お釈迦様が悟ったのは35歳の12月8日、誕生日は4月8日で、12月8日というのは35歳と8ケ月の時など・・・さらには奈良や京都のことを「都みやこ(385)」といったり。。このようなさまざまな歴史や物語などで偶然にも「358」という数字が現れてきます。
つまり、「358」には特別な力があるのではないか・・・!?ということのようです。

「358」には、こんなパワーがある・・・!?

その1:燃費が良くなる

車のナンバープレートに358が入っていると、少し燃費が良くなるといわれています。

ナンバー358

その2:エンジン音が静かになる

ナンバープレートを358に変えた車はどの車も燃費がよくなり、、さらにはエンジン音が静かになって、ものすごく快適によく走るという噂がまことしやかにささやかれています。358にしたことで悪くなったという例は1件もないそうです。

ナンバー358

その3:事故は起こしにくくなる

こちらもそれまでは半年の間に2台の車を廃車にしたことがある人がナンバーを「358」に変えたところ、まったく事故をおこさなくなった、なんてこともあるそうです。

ナンバー358

「358」を言い出したのは・・・!?

358

画像出典:amazon

「358」という数字に不思議なチカラがあるという説を唱えたのは、【宇宙を味方にする方程式】の著者である小林正観氏だそうです。同氏は「358は聖なる数字」としていて、実際に同氏の車のナンバーも「358」でした。これからみるに、どうやら「358」のナンバープレートをつける方はたぶん小林正観ファンなのではないかとも考えられますね。「必ずしも358でないといけないということではなく、数字によって楽しみを増やしたい」ということを伝えたかったそうですが、もし「358」に事故をおこさなかったり燃費をよくしてくれたりなどの力があったら少し信じてみたいですよね。

ナンバープレートで希望の数字がなかったり、ナンバーをかえるタイミングのある方は是非「358」に挑戦してみてはどうでしょうか?

「358」ナンバーの噂と口コミ情報


▲やはり「358」の力は凄い?


▲見るだけで幸せな気分になれるようです。


▲実際に見つけた方の358を発見した反応です。どうやら、別にも意味がありそうな数字も。


▲次回は358にチャレンジ?

まとめ

いかがでしたか?西遊記の例など若干こじつけな感もありますが、実際に効果があったという方がいるのも事実。信じた人にだけ効果が訪れる・・?のかもしれませんね。今度ナンバーを変更する際は「358」を検討してみてはいかがでしょうか?

ナンバープレートに関するおすすめの記事

Amzonギフト券3000円プレゼント

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする
売買成立30000円プレゼント